くずし字で書かれた『源氏物語』が108円で読めるよ! だけどガチすぎて読みたくても読めない…

写真拡大


平安時代中期の長編小説、紫式部『源氏物語』を、たった108円で読むことができる。そんなウワサを聞きつけて、Amazon.co.jpにアクセスしてみたところ……ホントだ! 電子書籍Kindle版の値段が108円、月額980円で電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」だったら無料になっておりますっ。

『源氏物語』のサンプル版を喜び勇んでダウンロード、さっそく読んでみることにしました。

【読みたくても読めない…】

だがしかーし! 読みたくとも、ページを進める手が一向に進もうとしないのです。なぜなら、そこに書かれていた文字が現代ではおおよそ目にすることのない「くずし字」だから。

書籍の情報を見ると、こちらの出版年は1600年。安土桃山末期から江戸時代初頭頃に出版されたもののようです。「い」「ま」「ふ」など平仮名で書かれた部分はところどころ読めますが、あとは何て書いてあるのかすらわからない……。ああ、わたしって無知!

【国会図書館が所蔵している資料をKindle本に】

Amazon.co.jpによれば、この『源氏物語』電子書籍は、国立国会図書館が所蔵しインターネット上に公開している資料とのこと。

著作権保護期間が満了したタイトルの画像データをKindle本として最適化し制作したもので、原本からの修正は最小限。古書特有のページのキズや汚れ、ページの欠落などがそのまま残っている場合があるそうなのですが、パッと見たかんじはまあまあキレイ。汚れはあるものの、さほど気になりません。

文字さえ難なく読むことができれば、ストレスフリーで読み切ることができるのではないかと思います。文字さえ、読めれば……!

【ユーザー満足度は高い!?】

しかし、カスタマーレビューでもっとも多かったのは5つ星。「素晴らしい」「読みやすい」と軒並み大絶賛されているではないですか……。

「みんなそんなにくずし字読めるの?」と不思議に思っていたら、どうやら同じくKindleで無料提供されている与謝野晶子訳の「源氏物語」のレビューと混ざっていたようです。ああビックリした……。
ちなみに紫式部のライバルである清少納言の『枕草子』のKindle版もありました。しかしながらこちらも、『源氏物語』同様に知識がなければところどころしか読めないので、くずし字の勉強するつもりで挑戦してみてはいかがでしょうか。

参照元:Amazon.co.jp [源氏物語、枕草子]、国立国会図書館デジタルコレクション
撮影・執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る