スティーブ・ジョブズ氏が使っていたとされる、Apple初のコンピュータ「Apple 機廚離廛蹈肇織ぅ廚展示会で披露されることとなり、注目を集めています。「Apple 機廚聾什瀏縮世靴討い觚造蠅任蓮完動品が世界に8台しか存在しません。

幻の「Apple 機廚涼罎任盥垢妨犬離廛蹈肇織ぅ

Appleの原点とも言える「Apple 機廚離廛蹈肇織ぅ廚箸れば、シアトルに位置するLiving Computers Museumのディレクターが「歴史的に最も重要なコンピュータだ」と、胸をときめかせるのも無理はありません。
 
展示されるプロトタイプは、Appleの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏と、同社の投資家であるマイク・マークラ氏が使っていたとされる、至高の逸品です。ちなみに通常の「Apple 機廚呂海譴泙如オークションで数千万円の値で取引されています。

捨てられる寸前だった

1985年、ジョブズ氏がAppleを追い出されたとき、このプロトタイプは持っていかれず、処分される寸前だったそうです。というのも、彼の後釜についたジョン・スカリー氏が、ジョブズ氏が取りに来なかった場合、彼の所有物をすべて処分するよう命じていたからです。
 
しかし、当時Appleのエンジニアだったドン・フートマッハー氏によって、このプロトタイプの「Apple 機廚亙欖匹気譴襪海箸砲覆蠅泙后その後、フートマッハー氏はこの世を去りましたが、遺族がガレージの中から発見したことで、今回Live Computers Museumで展示されることとなりました。
 

動いている「Apple 供廚眦玄┐気譴


 
この展覧会では、他にも「Apple 供廖Apple 掘廖Lisa」「Macintosh 128K」といった往年の製品から、1998年に発売された「iMac G3」のボンダイブルーモデルに至るまで、様々なAppleのコンピュータが展示される予定です。
 
 
Source:Cult of Mac,GeekWire
(kihachi)