全日本体操個人総合選手権で、大会10連覇を達成した内村航平(リンガーハット)は「自分の演技ができなかったので、最後の鉄棒が終わったときにはリオ五輪の時のように負けてもしょうがないと思っていました。負けた方が楽になるなと思って……」と話した。ここで勝つと連覇の期待に応え続けなければいけないが、負ければ次からもっといい演技ができるかもしれないと思っていたという。そして、「もう地獄ですね」苦笑する。


接戦の中でもしっかりと勝ちきり10連覇を達成した内村航平(中央) 8月のリオデジャネイロ五輪以来の試合となった今大会。7日の予選は、最初の種目の平行棒でミスをして13.050点に。次の鉄棒からは立て直したものの、6種目合計が85.350点で、千葉健太、谷川航(ともに順天堂大)、白井健三(日体大)という8歳下の世代の3選手に次ぐ4位になった。

 今季から採点規則の変更が行なわれ、技の難度を示すDスコアが各種目0.5点(跳馬は0.4点)になり、演技の出来栄えを評価するEスコアが重視される傾向が強まった。

 これまでの国際大会では、演技のわずかな乱れでもEスコアが減点される傾向にあったため、内村はそれに対応するために技の難度を下げる構成で臨んでいた。しかしそれだと今季からは、単純計算でDスコアだけでも6種目合計では2.9点低くなり、Eスコアの判定の厳しさまで考慮すると、合計が去年より4〜5点低くなる計算になってしまう。

 それでも、決勝になるとやはり内村は安定の演技を見せた。最初のゆかでは、Eスコア8.9点の14.900点で白井に次ぐ2位につけると、あん馬では8.35点、つり輪は8.3点のEスコアで、14点台をキープして滑り出した。

 それに対して谷川は、あん馬で得点を下げ、白井もあん馬の13.500点に続いて、つり輪もEスコア7.6点の演技で内村を下回り、あん馬では内村を上回っていた千葉も、つり輪で得点を下げた。

 次の跳馬では内村が14.500点を出したのに対し、白井はDスコア5.6点のシライ・キムヒフンで14.850点。その時点の合計では内村が白井を0.2点、谷川を0.3点リードして楽勝パターンに持ち込んだかに見えた。

 だが内村は「予選を終えて試合勘は戻ってきましたが、体の疲労はあってそのダメージが跳馬を終えてから出てきてしまった。5種目目は個人総合で一番集中し直さなければいけない種目なのですが、筋肉痛が大胸筋に出始めたので苦しかったです」と振り返る。

 その平行棒では、少し乱れが出て14.450点。それぞれ14.800点と14.700点を出した谷川と白井に、合計では0.05点上回られた。

 それでも最後の鉄棒は、リオ五輪と同じ構成で途中細かなミスをしながらも、着地をピタリと決めて14.450点を出し、合計86.350点で白井と谷川を上回った。ただもうひとり、Dスコアは低いながらも2種目の9点台を含め、すべての種目で8点台後半のEスコアを出す安定感を見せた田中佑典(コナミ)には0.05点差まで迫られる、薄氷を踏む勝利だった。

「予選では、久々の試合で期待に応えることができずに申し訳なかったですが、(決勝の)朝起きた時には集中できそうな感じがして、今日こそ自分の演技をしようと思いました。ただ、下の世代の選手も健三以外はミスがあったから、それがなければ順位がどうなったかわからない。彼らや佑典がグイグイ来ているのはわかったので、そのヒリついた感じが試合勘を取り戻してくれたのだと思います。最後は疲労に負けた感じがしましたし、鉄棒は今までで一番悪いんじゃないかという演技だったので途中で笑ってしまいました」

 こう話す内村の表情には疲労が滲み出ていた。3位の白井は0.2点差で4位の谷川も0.35点差という僅差の結果。白井は「鉄棒は自分の中では安心してできる種目ではないから、0.05点リードしているのを見て逆に気持ちが引き締まりました。平行棒のあとに航平さんと佑典さんと話していて、『届かないですよ』といったら、『どうせなら健三に勝ってほしいな』と言われて……。航平さんに勝つにはまだ早いと思っているし、上の2人の壁は厚い。僕たちの世代が元気だという印象を周りの方にも与えられたし、世代交代も近いのかなと思わせるような試合もできたと思うので、僕たちなりに焦らせるような試合はできたと思う。やっと航平さんの足元に手が届くところまで来たのかなと思います」と笑顔を見せる。

 日本体操協会の水鳥寿思(ひさし)男子強化本部長は、「若い世代がこれから東京五輪に向けて、台頭してくるだろうと予感させる大会になったと思います」と今大会を総括した。

 さらに、「個人的な感覚ですが……」と前置きしながらこうも語る。

「大学3年から社会人2年目くらいまでは、実力もついてきて代表として戦える準備ができる時期だと思っています。その点で健三の世代は大学3年だし、今年は厳しい部分もあるかもしれませんが来年からはかなり状態も変わってくると思います。一方、航平や佑典も五輪での団体優勝という目標を達成したあとで、精神的にも苦しい部分はあると思いますが、ここから上がってくると思うので。その両者が高いレベルで勝負できるようになればと期待しています」

 今回の全日本でも、予選と決勝でEスコアの出方が少し違ったといい、今後の採点規則がどのようなものになるかは、これから探りながらいくしかない状況だ。

 だが「僕もアテネ五輪の主力だった冨田洋之さんたちとは8歳差でしたし、健三たちの世代ともちょうど8歳差。8年サイクルで強い世代が出てくると言われている通りになっている」(内村)というように、いい年回りになっている。その点でも2020年東京五輪へ向け、いいスタートが切れた大会になったと言えるだろう。

■体操・その他競技 記事一覧>>