写真提供:マイナビニュース

写真拡大

藤和那須リゾートは4月27日、「那須ハイランドパーク(遊園地)」・「TOWAピュアコテージ(宿泊施設)」に併設して、那須の自然や森林を生かした自然共生型の新アドベンチャーパーク「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」を開園する。

「NOZARU」は、2万5,000平方メートルとアスレチック体験施設として日本最大級の敷地面積に、キッズ用コースから大人ですら一歩踏み出すのをためらうような上級コースまで、難易度の異なる8つのコース(ノザルコース(一般コース)5、キッズコース3)と66のエレメント数で構成。

100m超のジップラインや高さ10mの樹上アスレチックなどを備えた、那須の森の木々と元々の地形をそのまま生かして施設設計がされてた「樹上アスレチック」であり、動物や鳥と同じ目線で森に親しみ、日常では味わうことのできない、冒険体験を満喫することができるという。

那須の森の空中アスレチック「NOZARU」の所在地は栃木県那須郡那須町高久乙3375で、東北本線「黒磯駅」下車、タクシー・レンタカーで約40分。車の場合は東北自動車道那須I.C.より約20分となる。営業時間は9時30分〜17時(季節により変動あり)。シーズンや曜日によって料金が異なるが、ノザルコースは3,800円から(税込/参考料金)、キッズコースは1,000円から(税込/参考料金)となる。