現在40万人を動員する世界ツアーを敢行中で、先日、南米・北米ツアーを成功させたばかり。昨年リリースのアルバム『WINGS』がBillboardのアルバムランキング“Billboard 200”にて26位を獲得し、韓国アーティストとして初の記録を樹立。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで全世界を席巻している防弾少年団(BTS)について、米BillboardのK-popコラムを執筆している Tamar Herman氏に話を聞いた。


―アメリカでK-POPが注目されたのはいつごろから?

K-popが盛り上がり始めたのは、YouTubeやSNSによって韓国のコンテンツにアクセスし易くなった2008〜2009年頃のことです。K-pop産業や音楽について知っている人は以前からいましたが、K-popと韓流が相まって、特にTVドラマなどが流行り始めたのがこの頃です。韓国のカルチャーに特化したニュースサイトなどはあったものの、この頃からメインストリームのメディアも採り上げるようになりました。

―そんな中、昨年10月に防弾少年団(BTS)が韓国アーティストとして初めてBillboard200で26位を獲得しました。

―今回のツアーでは、南米・北米を合わせて9公演14万人を動員。BTSの魅力はどこにあると思いますか

コンセプトやリアルな歌詞に徹底的に拘っているところと、パフォーマンスのカリスマ性ではないでしょうか。

BTSは初めから自らをK-pop界の反逆者(rebel)として位置付けていて、他のアーティストが滅多に触れないような題材について歌っていましたし、まだ韓国で人気が出る前の様々な最先端の音楽スタイルを他のアーティストに先駆けて採り入れていました。それと審美的に美しいミュージック・ビデオとが相まって、K-popの通常の枠を超えているのだと思います。

―どのように受け入れられているのでしょう。

BTSがアメリカのK-popのシーンにおいて、ここまで早く主力アーティストになれたのは魅力的なことで、タイミングや場所が最適だったこともあると思います。もっとキャリアや知名度のあるアーティストが兵役でシーンを離れたり、新譜が出るまで時間を要している中で、BTSの質の高い素晴らしい作品は、K-popの次の大物を探しているファンにとって完璧なものだったのです。他のボーイズ・グループと同様に、80年代以降に生まれたデジタル世代の女性のファンが多いですが、同じ世代の男性も確かに多くいます。人種的には非常に多様です。

―俳優のラッセル・クロウがカイリー・ロジャーズにBTSのチケットをプレゼントしたと話題ですが。

その他にも、ティナーシェ(Tinashe)、ケラーニ(Kehlani)、チャーリー・プース(Charlie Puth)などが、BTSのことをTwitterで知った後で口にしていましたよ。

高校時代にK-POPに出会い、大学時代に韓国の音楽やK-pop業界について執筆を始めたというTamar氏に、防弾少年団の今後について聞いた。「英語圏以外の音楽がアメリカにおいてメインストリームに入り込むのは非常に珍しいことなので、今後どうなるかはわかりません。でも、BTSは短期間で本当に多くのことを達成しているので、未来はわかりませんよ!」

防弾少年団(BTS)が、アメリカのメインストリームに肩を並べるのも時間の問題かもしれない。