12星座【規格外】ランキング 水瓶座は左右バラバラの靴下でもノープロブレム!

写真拡大

 小栗旬さんと西島秀俊さんの共演で話題になっている4月11日スタートのドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)。規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍が描かれるストーリーです。あなたの周りにも、いろいろな意味で「規格外」な人物がいるのでは……? 12星座ランキングにて紹介しましょう。

■第1位 射手座……お付き合い前の肉体関係もアリ
 「規格外」とはそもそも、一定の基準に当てはまらない様子を指す言葉です。12星座の中でもっともワールドワイドな気質を持つ射手座は、「日本」という規格に当てはまることなく生きています。男女交際にも、欧米では主流とされているデーティング(正式なお付き合い前の、いわゆるお試し期間)を積極的に取り入れるでしょう。「正式交際前の肉体関係はありえない」という規格を華麗にスルーし、むしろ「肉体的相性はお付き合い前に確認しておくべき」と考えます。

■第2位 水瓶座……左右バラバラの靴下でもノープロブレム
 水瓶座は、何ごとも「個性的」であることを重視します。水瓶座にとって規格内におさまることは、右にならえのつまらない人生なのです。TPOなんぞ無視してなんぼとまで思っています。たとえばファッション! 「左右同じ靴下を履かなければならないだなんて決まりはない!」と、右は赤、左は青のコーディネートをすることもしょっちゅう。誰かに指摘されても、「アシンメトリーですけど」と、ドヤ顔を決め込むでしょう。

■第3位 双子座……同棲・結婚していても夜遊びへGO!
 軽やかなフットワークを活かし、あっちこっち飛び回る双子座は、本人にそのつもりはなくとも、身近な人には「規格外」の人物に見えるでしょう。同棲や結婚をしていても、友達からお誘いが入れば、夜でも「ちょっと遊びに行ってくる」と、家を出るような性格です。「パートナーを家に残して、こんな時間から夜遊びだなんて!」という規格内におさまる意識はゼロ。逆に、パートナーが夜遊びに出てもまったく気にしないでしょう。

 第4位は、蟹座。規格外の、いわゆる「わけあり商品」でも、むしろお買得と喜んで購入します。野菜だろうと果物だろうと、形なんぞ揃っておらずとも、味は一緒という考え方です。第5位の牡牛座は、一般的なレシピではありえないような、独創的な料理を作るタイプ。目指すところは平野レミさんです。

 第6位の魚座は、規格外の奉仕精神を持つ自己犠牲の星座です。たとえば女友達と好きな人がかぶったとしたら……、自分は身を引くどころか、2人とくっつけようとキューピッド役まで買って出るでしょう。第7位は蠍座。規格外の恋愛をします。惚れた男がどのような素性であろうとも、地獄の果てまでついていく覚悟です。

 第8位は牡羊座。あくまでも「規格内」の中でトップになりたいと思っています。規格から外れると、競争相手がいないので、つまらないのです。第9位の獅子座は「規格内」の中で目立ちたいタイプ。規格外として目立つのは、「悪目立ち」と捉えるでしょう。

 第10位の乙女座は、決まりごとを重んじる性格です。定められた規格を無視して生きる人々に対しては苦手意識を持っているでしょう。第11位は山羊座。古くからの伝統や慣習を大事にしたいと思っています。着物を着るにしても、最近の成人式のように花魁ふうの現代アレンジではなく、昔ながらのきっちりとした着付けを好むでしょう。

 そして第12位は天秤座。生きていくうえでもっとも大切なのは「協調性」だと思っています。規格外のアクションを起こすことで、集団の調和を乱したくないのでしょう。集団の中に、規格外の人物がいたとしたら、愛嬌よく歩み寄り、なんとか規格内におさめようと、周囲とのバランスをはかります。

 型にはまらない規格外の人物は、見ていてハラハラさせられる一方、「あんなふうに振る舞うことができたら良いだろうなぁ」と、羨ましく感じることもあります。ドラマのほうも、規格外キャラの小栗さんと、真面目で冷静沈着なキャラの西島さんとの間に、どのような展開が起きていくのか、大いに期待しましょう。
(菊池美佳子)