写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨーは4月19日より、OEM事業において、音楽プロデューサーのZEDDが手がける新ブランド「Double Zero (ダブル ゼロ)」のヘッドホンを発売する。

ヘッドホンには、オンキヨーのアナログ技術を投入し、10Hz〜80kHzの再生周波数帯域をカバーした新開発のドライバーを搭載。ZEDDが希望する「質感まで描き出すリッチな重低音と気配まで再生する高解像な中高域、ダンストラックに埋もれがちなボーカルの息遣い」などを実現、オールラウンドに使えるヘッドホンに仕上げたという。また、デザイン集団「SF inc.」とのコラボレーションにより、外観や装着感にもこだわった製品となっている。