7日午後、「2017西安児童演劇イベント」が陝西省の西安児童福利院で開催。日本の特定非営利活動団体・劇団道化のメンバー3人が観劇会「3匹の子ブタ・何ができるかな」を行い、子どもたちは無料でそれを楽しんだ。

写真拡大

7日午後、「2017西安児童演劇イベント」が陝西省の西安児童福利院で開催。日本の特定非営利活動団体・劇団道化のメンバー3人が観劇会「3匹の子ブタ・何ができるかな」を行い、子どもたちは無料でそれを楽しんだ。今後2カ月、公益を原則とした同様のイベントが順次展開される予定。西安晩報が伝えた。

「3匹の子ブタ」の公演には豪華な舞台セットはなく、使う小道具は野菜やタオル、クリップなどの日用品と、人形4つ、さらにシンプルな小屋3つだけだった。3つの布のカバンが3匹の子ブタに、ハンガーがサメに、スポンジがみるみるうちに観覧車に変身。手品のような演劇を、ステージの下の子どもたちは想像力を膨らませながら興味津津に観ていた。

陝西省の子どもたちに合わせた公演の内容にしようと、劇団道化のメンバー3人は早くから同省の文化を調べるなど準備を進め、本番では涼皮(冷麺のような料理)やbiangbiang麺、兵馬俑なども「何ができるかな」に盛り込まれ、メンバーと子供たちが一つになった。お家の中のものがみるみるいろんな物に変わり、子どもらは大興奮。会場は大盛り上がりとなった。(提供/人民網日本語版・編集KN)