写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほ銀行は、富士通がデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」上で提供する「Finplex オンライン認証サービスfor FIDO」を導入し、2017年秋ごろを目処に、「みずほダイレクトアプリ」ログインの際に、生体情報を利用した認証サービスの提供を開始する。

顧客のスマートフォンに「指紋」「虹彩」「顔」のいずれかを登録すると、みずほダイレクトアプリにログインする際、登録した生体情報で認証を行うことで、従来のお客さま番号・ログインパスワードを入力することなくログインできるようになる。

みずほ銀行と富士通は、今回導入する「Finplex オンライン認証サービスfor FIDO」を本人認証プラットフォームとして利用することを展望しており、将来的にオンライン上の資金移動時の暗証番号や営業店での印鑑による本人確認手段の代替など、利便性向上に取り組んでいく。

(丸山篤)