ChatWork株式会社は、同社製品「チャットワーク」をGMOグローバルサイン株式会社が提供するIDアクセス管理クラウドサービス「SKUID(スクイド)」との連携に対応したと発表した。「SKUID」は企業内で利用する各種Webサービスに対して、IDの一括管理を提供するクラウドサービスだ。タスク管理やファイル共有機能を備えた法人向けSNS「チャットワーク」と「SKUID」の連携は、クラウド時代の業務効率を大きく向上させると期待されている。

多くのクラウドサービスを利用する、現代のビジネスシーンにおいては、一人当たりのID/PW保持数が増える傾向にあり、管理・セキュリティ対策に問題をかかえる企業が増えている。「SKUID」の利用により、従業員は一組のID/PWで複数のWebサービスにログインすることが可能になり、ログイン情報の紛失を防ぐことができる。

 

一方、システム管理者にとっては、従業員のアクセス状況やログイン権限を一元管理できるため、セキュリティ向上とコスト削減を同時に達成することができる。従業員が、社外エージェントとの連携や、モバイル端末でサービス利用を行った際にも、管理者が各サービスの脆弱性や、リスト攻撃などにいち早く気付くことができるため、今後益々重要なツールと予想される。

「チャットワーク」公式サイト

URL:http://www.chatwork.com/ja/

「SKUID」公式サイト

URL:https://sku.id/

2017/04/11