YG SPORTS、女子プロゴルファーのイ・ボミと韓国マネジメント契約を締結

写真拡大

YG SPORTSが、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会) ツアーのクイーンと呼ばれる女子プロゴルファーのイ・ボミ(延田(のぶた) グループ・29) と韓国マネジメント契約を締結した。

YG SPORTSは本日(11日)、イ・ボミのマネジメント会社の日本の延田グループと協力関係を結び、韓国マネジメントを担当することになったと発表した。

イ・ボミは2007年KLPGAにデビューし、2010年KLPGAツアーで年間最多勝、賞金女王、最小ストローク受賞を握って韓国舞台で非常に注目を浴びた。

翌年の2011年に日本に舞台を移した後、2015年シーズンで7勝をはじめ賞金総額2億3千円(約20億ウォン) を獲得し、日本ツアーで男女の舞台において1シーズン歴代最多の賞金を更新した。2016年にもJLPGA賞金女王を獲得し、2年連続で日本女子プロゴルフ賞金女王に輝いたスター選手だ。現在、日本でルックスと実力を兼ね備えた選手として最高の人気を誇っている。

YG SPORTSのカン・ヨンファン代表は「日本で活動中のイ・ボミ選手は、最高の成績を維持し続けている。しっかりとした基本技に加え、競技力やスター性を兼ね備えているイ・ボミ選手の競技力向上、スポンサー追加誘致など、必要な支援を惜しまない予定である」とし「選手のスター性を高めるために、YGで出来る様々な資源を活用する」と伝えた。

YG SPORTSは、米国女子プロゴルフ(LPGA) ツアーで活動中の天才ゴルファー キム・ヒョジュ(ロッテ・22)、KLPGA イ・ソヨン(ロッテ・20)、イ・ダヨン(MEDIHEAL・20)、キム・ジウン(MEDIHEAL・22)、ノ・ヨヌ(20) 選手が所属し、活躍している。選手マネジメントのほか、ゴルフ大会などスポーツイベントの企画や運営、ゴルフ専門オンラインショッピングモールであるSAYGOLFをはじめとするゴルフ用品流通の事業を進める、スポーツ専門のマーケティング企業だ。