Blackmagic Design製品事例:ガーナのテレビ局GH Oneの場合

写真拡大 (全4枚)

Blackmagic Designの発表によると、ガーナ最大の民間テレビ放送局がスタジオ・野外設備をアップグレードし、Ultra HD 4Kの制作に対応。新しい設備の中心として、Blackmagic Designの12G-SDI放送用製品を導入しているという。

複数のスタジオで構成されるビル、14mの中継トラックが、システムインテグレーターAxelTechnologyによって新たに設計され、同局の制作基盤が全面的にアップグレードされた。Axel Technologyのビデオプロジェクトマネージャー、マルコ・ブランザンティ氏は次のようにコメントしている。

ブランザンティ氏:新しいビルに移動することで新システムが必要となりましたが、局のスタジオや野外ロケを含め、柔軟で将来が保証されたワークフローを考案する良い機会になりました。今回のアップグレードに12G-SDIが不可欠であることは最初から分かっていました。ケーブル基盤が能率化されるだけでなく、2160p60フォーマットを扱う放送局にとって、効率的で信頼性の高い信号配信経路を構成できるからです。

12G-SDIを導入した後、スタジオで使用する機器はBlackmagic Designの放送品質ルーター、プロダクションスイッチャー、コンバーターで迷いはなかったとブランザンティ氏は説明する。Blackmagic Designの製品であれば、Axel Technologyは堅固なUltra HDワークフローをGH Oneの予算内で構築できるからだという。

ブランザンティ氏:新しいスタジオには、メインのセットと、グリーンスクリーンのバーチャルスタジオがあります。それら両方にATEM 2 M/E Production Studio 4Kと2 M/E Broadcast Panelが設置されています。AxelTechnologyが開発したCG/再生アプリケーションにはそれぞれのスタジオからアクセスできるので、制作チームは様々なプログラミング作業に必要なトランジション、エフェクト、グラフィックをすべて使用できます。

GH Oneの2つのチャンネルの信号を切り替えるため、ミキサースイッチとして機能するSmart Videohub Clean Switch 12×12も導入された。

ブランザンティ氏:故障や誤作動がなく、信号のゲンロックに対応しているミキサースイッチが必要でした。Smart Videohub Clean Switch 12×12は、すべての入力系統に再同期機能が搭載されています。制作チームはシンプルで分かりやすいインターフェースを使用して、カメラフィードから事前収録されたソースへとスイッチングできます。切り替えの品質は非の打ち所がありません。

GH Oneの中継トラックでは総勢20名のスタッフが作業できる拡張可能なコントロールルームがあり、独立したテレビスタジオ・ワークフローが構築されている。

ブランザンティ氏:これらの設備があることで、中継トラックは長時間使用する場合でも快適です。複数の制作を同時に取り扱ってもスペースが窮屈になることがありません。中継トラックは短期的なイベント関連の作業だけではなく、本格的なテレビスタジオを構築して数日間にわたって稼働できます。

車内の信号ルーティングは、Blackmagic DesignのSmart Videohub 40×40で管理される。Smart Videohubはテクニカルコントロールルーム内に設置されており、隣には収録・バックアップに使用するHyperDeck Studio Pro放送用デッキがラックに複数搭載されている。他にもTeranex Expressスタンダードコンバーターが複数台設置されており、GH Oneの制作チームは外部から受信するあらゆるビデオソースを標準化できる。

ブランザンティ氏:Blackmagic Design製品の価格・機能は、GH Oneの鍵となっています。12G-SDIを中心としたUltra HDワークフローが完成しました。ガーナで初めてです。GH Oneはスタジオ・野外の両方で、最先端のソリューションを活用しています。