最高級の黒毛和牛の旨味を最大限に引き出したハンバーグ

写真拡大

名古屋市中村区のJRゲートタワー12・13階にオープンした「ゲートタワープラザ レストラン街」には、東海エリア初進出となる店や、東京で行列ができる店も集結している。そんな店で味わえる東海エリアのご当地食材を使った限定メニューを5つ厳選したぞ!!

【写真を見る】「元祖 金鯱(きんのしゃちほこ)ハンバーグ」(1万584円)

■ 名古屋コーチンや最高級黒毛和牛などを使うハンバーグ!

「ミート矢澤」(東海初出店)

JRゲートタワー12階|予算:昼約2000円、夜約3000円

「ミート矢澤」は精肉卸会社「ヤザワミート」の直営店で、最高級の黒毛和牛が手ごろな価格で楽しめる。東京・五反田本店は、2007年の開業以来、連日行列ができるほど人気だ。熟練の職人が手ごねしてふっくらと焼きあげる黒毛和牛のハンバーグからは、ナイアガラの滝のように肉汁があふれ、頬張れば口の中いっぱいに肉の旨味が広がる。名古屋限定の「元祖 金鯱(きんのしゃちほこ)ハンバーグ」(1万584円)は、最高級黒毛和牛と名古屋コーチン、さらにフカヒレを使った煮込みハンバーグ。金シャチを思わせる金粉がのった豪華な一品だ。

■ 弾力のある名古屋コーチンを存分に楽しめるヘルシー鍋!

「鶏鉄板料理 かしわ」(東海初出店)

JRゲートタワー12階|予算:昼約1300円、夜約4000円

鶏肉の旨味や食感のよさを最大限に楽しめる鶏鉄板焼きや、鶏ガラと野菜を長時間煮込んだダシで作る鶏薬膳鍋が名物。おいしいだけでなく、美肌や健康に意識した料理が楽しめる。メニューには、濃厚な旨味と強い歯応えが特徴の名古屋コーチンを使った料理も登場する。「名古屋コーチン鉄板焼き」(730円〜)と「名古屋コーチン薬膳鍋」(1人前2400円)は、名古屋コーチンの旨さを十分に生かしたメニューだ。

■ 八丁味噌を使ったデミグラスソースで煮込むラムすね肉

「BARBARA GOOD BEER RESTAURANT」(東海初出店)

JRゲートタワー12階|予算:昼約1300円、夜約3000円

東京発のおしゃれな洋食ビアレストラン「BARBARA GOOD BEER RESTAURANT」。フレンチをベースにしたイタリア料理やスペイン料理が味わえる。看板メニューは、イタリア産の塩と発酵バターで焼き上げた「ローストチキン」(1480円〜)。自慢のローストチキンの皮はパリッと香ばしく、ふっくらジューシーに仕上げた一品だ。また「ラムすね肉のGOOD BEER煮込み」(2656円)は、東海エリアの定番調味料である八丁味噌を使った名古屋限定メニュー。クラフトビールを入れた特製デミグラスソースに8種類のスパイスを加え、骨付きラムすね肉をじっくり煮込んだ味わい深いメニューとなっている。

■ 低温調理でやわらかく仕上げた名古屋コーチンが楽しめるそば

「松玄」(東海初出店)

JRゲートタワー12階|予算:昼約1200円、夜約2000円

東京・麻布十番の本店は、日本各地の地酒が飲めるそばの名店として人気。厳選した北海道産そば粉を使ったそばは、香りと喉越しのよさが特徴。四季折々の食材を用いた多彩な一品料理が楽しめる。「名古屋コーチンのかきたまそば」(1390円)は、低温調理でじっくりやわらかく仕上げた名古屋コーチンと、ふわふわの卵が見た目にも華やかな名古屋限定メニューだ。同じく「名古屋コーチンのつけ汁そば」(1390円)も、名古屋限定メニュー。こちらは、冷たいつけ汁で温かいそばが楽しめる。噛めば噛むほどに上品な旨みが広がる名古屋コーチンは、のど越しのよいそばとの相性も抜群だ。

■ 東海エリアの食材をふんだんに使ったイタリアンバーベキュー

「バール・デルソーレ」(東海初出店)

JRゲートタワー13階|予算:昼約1000円、夜約3000円

日本が誇るバリスタの第一人者・横山千尋氏が手掛け、東京・六本木の本店のほか、銀座などにも店を構える人気のイタリアンバル「バール・デルソーレ」。同店では、イタリア全20州の料理とワインが月替わりで楽しめる。テラス風の席もある店内は、開放的な雰囲気で食事を楽しめる。イタリア風バーベキュー「スピエディーニ」(1本 580円〜)は、東海エリアの豚肉や鶏肉をふんだんに使った限定メニュー。ビールやワインはもちろん、イタリアンカクテルも一緒に味わおう!

「ゲートタワープラザ レストラン街」には、このほかにも魅力的な店が多くそろう!名駅エリアで今注目のグルメスポットなのでぜひ行ってみよう!!【東海ウォーカー/淺野倫孝】