RADWIMPS・野田洋次郎がモテる理由がわかる?【2017年春ドラマはこれを観ます!】

写真拡大

【スナイパー小林の2017年春ドラマはこれを観ます!Vol.1】

 何かと話題が多かった冬ドラマが終了して、いよいよ春ドラマが開幕。前クールの人気ぶりを鑑みると、出演者側は何かとプレッシャーが多いのではないかと予想します。そして数ある作品から入手した事前情報をもとに「おお、このドラマは観ておきたい…」と気になった6作品をピックアップ。これはあくまでドラマファン歴20年の勘に沿った予想です。万馬券に変わるのか、それともダークホースが飛び出てくるのかは放送スタート後のお楽しみ。

●母になる
4月12日(水)22時スタート/日本テレビ系
出演:沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、板谷由夏、小池栄子

 柏崎結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)の間には広(道枝駿佑)という一人息子がいた。ただ3歳で広は誘拐されてしまい、姿を消してしまう。それから7年後、10歳になった広が二人の前に再び姿を現す。

◆“エリカ流の母性”やいかに

 みなさんは覚えているだろうか。10年前に映画の会見で「別に」と発言して横柄な態度を取って時の人となり、その数年後にハイパーメディアクリエイターと結婚、そして離婚というハリウッドセレブのような女優を。それが今回の主演であり、まさかの母親役に堂々と鎮座した沢尻エリカである。

 そんなふうに言うとどうもディスっている、と関係者をハラハラさせてしまうかもしれないが、そうではない。私は沢尻エリカの大ファンなのである。名前だけで期待感を膨らませてくれる女優はなかなかいない。

 離婚後、低迷することなく次々と作品に出演。ヌードを披露し、女同士のマウンティングの世界でバトルを繰り広げるなど、さまざまな演技の経験を重ねてきた彼女が、本作では母親役。以前、24時間テレビのスペシャルドラマ(「盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜」2016年)でも演じたけれど、話の主軸が盲目になる主人公(加藤シゲアキ)だったので、今回の連ドラで“エリカ流の母性”をじっくり観てみたい。

●100万円の女たち
4月13日(木)25時スタート/テレビ東京系
出演:野田洋次郎(RADWIMPS)、リリー・フランキー、山中崇、中村倫也、新木優子

 売れない小説家、道間慎(野田洋次郎)はある日から5人の美女と生活を共にすることになる。毎月100万円を家賃および生活費として、道間に払う女たち。彼女たちの正体が少しずつ明かされる中で、彼の運命が大きく翻弄されていく。

◆モテ男の魅力がわかる?

 テレ東、深夜放送と聞くだけでも、ドラマファンからするとこうばしさを感じてしまう『100万円の女たち』。登場人物を追っていくと、5人の女それぞれがコーヒー、紅茶、ほうじ茶、アセロラジュース、牛乳と愛飲するドリンクを持っている。この時点でも十分謎だが、中には「家にいるときは常に全裸」の登場人物もいるというではないか。“ややこしいけど面白い”という、この時間帯にふさわしい、こじれっぷりが楽しみなドラマだ。

 出演者で注目は、本作が連ドラ初出演となる野田洋次郎(RADWIMPS)。去年大ヒットを飛ばしたアーティストであり、映画『トイレのピエタ』(2015年)で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞している彼が、ドラマではどんな演技を披露してくれるのだろうか。

 そして真偽は分からないけれど、旬の女優を次々と手中に収めていく男としての魅力も気になるところ。この作品で少しでも垣間見えたらさらに面白みが増すのだけど。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k