マイクロソフト、Windows Vistaのサポートを終了

写真拡大 (全3枚)

 Microsoft(マイクロソフト)は11日で、Windows Vistaのサポートを終了する。

 同日以降、同社からは新しいセキュリティ更新プログラムをはじめ、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポートオプション、オンラインテクニカルコンテンツの更新が提供されなくなる。

 Windows Vistaは、2007年に発売され、約10年にわたってサポートが提供されてきた、その長い役目を終えることとなった。

 今後も、Windows Vista搭載のPCを使用することもできるが、セキュリティのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなる点で推奨できない。これからもPCを保護するにはWindows 7以降にアップグレードする必要がある。