クリス・ブラウンとリル・ウェイン、米連邦政府による薬物捜査の対象に

写真拡大

 クリス・ブラウンとリル・ウェインが、米フロリダ州のプロデューサー、ハリソン・ガルシアとの交際を巡って連邦政府による薬物捜査の対象になっているとマイアミ・ヘラルド紙が伝えている。報道によれば、リーン(咳止めシロップとソフトドリンクを混ぜたもの)やマリファナを含む数千ドル相当のドラッグの売買に関する調査が行われている。

 先週末にフロリダの裁判所で行われた審問での連邦捜査官の証言によると、ガルシアとその一味が互いに送ったショート・メッセージのやりとりには、ウェインにマリファナを届けるよう手配する内容や、クリス・ブラウンの代わりに1.5万ドル(約166万円)が銀行口座に振り込まれたと自慢する内容とスクリーンショットが残されていた。

 ガルシアは珍しい車や銃、奇抜なスニーカーなどを見せびらかす写真や、ブラウンとウェインと一緒に写った写真を度々SNSに投稿していた(現在アカウントは非公開になっている)。リル・ウェインのミュージック・ビデオにも1本出演している。彼は昨年、コデイン・ベース咳止めシロップの大量窃盗事件の首謀者として逮捕され、大々的に報道された。この時期はウェインがリーンの過剰摂取による発作を起こした時と重なるとTMZが伝えていた。