みなさんホットワインは好きですか?どうせワインを温めただけだろうと思われがちですが、それでは勿体無い。ただ暖かいだけのワインではないのです。心や身体が温まることはもちろんのこと、おいしい上に健康効果も期待できます。ヨーロッパではよく飲まれているこのホットワインなる飲み物の魅力について紹介しましょう。

ホットワインはカクテルの一種

ホットワインとは、赤ワインにオレンジピール、シナモン、クローブ等の香辛料に、砂糖やシロップを加えて、火にかけて温めたホットカクテルの一種です。ワインというより、ワインをベースにしたカクテルのようなものなのですね。ちなみにホットワインはあくまで和製英語で、海外では英語で「モルドワイン」、ドイツ語で「グリューヴァイン」、フランス語で「ヴァン・ショー」と呼ばれています。そのため海外でホットワインを1杯、とオーダーしても通じません。

ホットワインの魅力

ホットワインはただのワインではなく、フルーツやスパイスの芳醇な香りが口に中に広がり、心も身体もポカポカにしてくれる実に贅沢な飲み物です。そばに置くだけでシナモン等の豊かな香りが辺りに広がるので、ちょっとしたおしゃれな海外気分を味わうのにもおすすめです。「味良し、見た目良し、スパイスなどの健康効果もあり」といいことだらけのホットワイン。上記で紹介した材料をカップに入れ、レンジでホットミルク程度の温度に温めること家でも簡単につくることもできます。ただし、本当に美味しいホットワインを一度は試していただきたいので、カフェバー等でぜひオーダーしてみてください

ホットワインの健康効果

ホットワインはただおいしく身体を温めてくれるだけでなく、様々な健康効果も期待できます。まずホットワインに使用される赤ワインには、非常に豊富なポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは強い抗酸化作用を持っており、動脈硬化や脳梗塞等の生活習慣病の予防、血流改善、美肌やアンチエイジング効果まで期待できます。更にポカポカ身体を温めてくれることにより、睡眠改善効果も期待できるようです。ただ飲みすぎは、アルコール過剰で逆効果となる場合もあるので注意が必要です。

近頃では日本のカフェでも見かけるようになってきたホットワイン。おいしくおしゃれで健康効果も期待できるなら飲まない手はありません。あなたも夜のおしゃれなひと時にホットワインをたしなんでみてはいかがでしょうか。まだまだ季節の変わり目で寒い夜もありますし、アウトドアでのランチタイムなどにもおすすめです。


writer:サプリ編集部