写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは4月11日、同社のSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」のソフトウェアアップデートをアナウンスした。

4月12日の16:00以降、順次配信が行われ、ユーザーのAscend Mate7に更新通知が届く。約1カ月で全てのユーザーの端末がアップデート可能になる予定だ。ファイルサイズは約152MBで主な更新内容は以下の通り。

・メールに優先度を設定する機能を追加
・万年カレンダーに年度を追加
・現地のカレンダーと世界の休日をカレンダーに追加
・QR コードを使用して連絡先を追加・共有する機能を追加
・メモ帳においてメモをテキスト、画像、メールとして共有する機能を追加

本アップデートにより、Ascend Mate7のソフトウェアバージョンが「MT7-J1C635B593」になる。ソフトウェアバージョンは「設定」メニューの「端末情報」から確認できる。

Ascend Mate7は2014年12月に発売された、フルHD・6インチ液晶を搭載したスリムでスタイリッシュなスマートフォン。4,100mAhの大容量バッテリーを採用し、通常使用で2日間以上の連続使用が可能だ。

(朝岳健二)