4月16日夜9時より、TBS日曜劇場『小さな巨人』がスタートする。放送に先がけ、4月10日に第1話の試写会と主演の長谷川博己をはじめ、岡田将生、芳根京子、安田顕、香川照之、春風亭昇太による舞台挨拶が行われた。

“刑事もの”はドラマの定番だが、『小さな巨人』が描くのは警視庁と所轄の対立、警察内部の戦いをリアルに描く警察エンターテイメントドラマ。

長谷川博己は捜査一課長を目指すも、上司の裏切りに遭って所轄に左遷させられた主人公のエリート刑事・香坂真一郎を演じる。

長谷川博己「“正義”とは何かということを香坂自身も日々自問自答しながら生きている人間。これからどんどん激しいものになっていくので、よろしくお願いします」


岡田将生が演じるのは、香坂と同じく捜査一課長を目指す若きエリート刑事・山田春彦。ドライに出世街道をひた走る山田だが、その内に隠し持った野望とは――?

岡田将生「久々にこんなに胸が熱くなるようなドラマを見させてもらいました。まだまだここから怒涛の展開が待っているので、ぜひ広めていただければ嬉しいです」


『べっぴんさん』の芳根京子は、警務部の人事課に配属された新任職員・三島祐里役。純朴なヒロインのようだが、実は巨大な警察組織の中でもっとも力を持っているのが人事なのだ。

芳根京子「警察犬のブリーダーになりたくて警察に入ったのに人事課にいます三島祐里です。応援してください。よろしくお願いします」


所轄で香坂の同僚となる叩き上げの刑事・渡部久志を演じるのは、安田顕。

安田顕「自分の生理現象を忘れるぐらい見入ってしまったものですから、今はお手洗いに行きたくて仕方ありません。(記者会見終了までに)持つのかどうか不安でしょうがない」


前捜査一課長で所轄の警察署長を務める三笠洋平役は、『おんな城主 直虎』での怪演が記憶に新しい春風亭昇太。

春風亭昇太「届いた台本を読むたびにエーッ! というようなゾクゾクする展開が待っています。ぜひこの後、楽しみにしてください」


高卒のノンキャリから異例の出世を遂げた捜査一課長・小野田義信を演じるのはご存知、香川照之。優秀な部下だった香坂をあっさり裏切った小野田の正体とは――?

香川照之「警視庁の人事と刑事事件がミックスされて、今までにない刑事ドラマになっていると思います。女性だけの試写会は『半沢直樹』以来ですが、あのときも口コミから始まりました。今回も面白いと思われたら、ぜひ広めていただけたらと切に思っております」


登壇者の中で注目を集めたのが、芳根京子だ。「芳根さんはピュアで素晴らしい。1シーンだけで僕もグッと来てしまった」と長谷川が言えば、安田も「芳根さんのシーンがすごく好きでした。この子は不思議ちゃんだと思っていましたが、あの怪物・香川照之さんが芳根さんに寄り添った芝居をしているんですよ! この人(芳根)、すごいな!」と絶賛。

香川も「男ばかりのドラマの中で芳根さんとの共演シーンは新鮮」と魅力を認め、「(芳根は)『ウルトラセブン』の紅一点、アンヌ隊員にキリヤマ隊長がホロッと来る感じ」と説明してみせた。

当の芳根は「とても今、緊張しています」と言いつつもマイペースそのもの。司会のTBS藤森祥平アナからの「自分が貫いているポリシーは何でしょう?」という質問に対して、「5年前かたブログを続けているのですが、そろそろ限界が近づいています」と誰もが当惑するアンサー。さらに「半年前から限界を感じてますが、ちゃんと続けてます!」と自信満々に答えて「以上です」と締めてみせた。

ちなみに春風亭昇太のポリシーは「一人で生きていく」、安田顕のポリシーは「トイレに事前に行っておく」だった。


また、「毎日怒涛の日々で、いつがいつだか僕もわかっていない。ここに立っているのも不思議な感じ」と長谷川が語っていたように、かなりハードスケジュールで撮影が進んでいる模様。

特に前日の深夜3時過ぎまで撮影があった岡田はテンションが壊れ気味。同じく「自分が貫いているポリシー」という質問に対して、高笑いしながら「僕は朝ごはんはパンか朝ごはんかと言われたら朝ごはん派なんですよ!」といろいろとっちらかった回答をドロップ。

「パンを食べたい人? どうでもいい! それが僕の正義だ!」(岡田)

「ずっと寝てなくてダメなんです」(香川)、「もう全部面白くなっちゃってる」(昇太)と大先輩2人のフォローを受けつつ、なお高笑いし続ける岡田さんでした。



会見の最後は長谷川が「スタッフ、キャストはかなりキツい思いで頑張っていますが、人が必死に頑張っている姿は美しく映るんじゃないかと思います。一丸となって頑張っていきますのでよろしくお願いします」ときっちり締めてみせた。
(大山くまお)