「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始

写真拡大 (全2枚)

「東京ゲームショウ2017」は、インディペンデントゲーム開発者向けの2つの企画「インディーゲームコーナー(タイプA)」と「SENSE OF WONDER NIGHT 2017(センス・オブ・ワンダー ナイト 2017 / 以下、SOWN 2017)」の募集受付を開始した。

2013年に新設したインディーゲームコーナーは、世界中のインディペンデントゲーム開発者から多くの注目を集め、昨年は322件の応募の中から選考の結果、21カ国・地域の69団体が出展した。

SOWNは、“誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームのアイデアをプレゼンテーションする企画で、昨年はインディーゲームコーナー出展社のうち8カ国・地域から8組のファイナリストがアイデアを発表した。

本日から公式Webサイトにおいて、2つの企画への募集受付を開始。今年から、両企画共通のエントリーとなり、そこから、インディーゲームコーナー(タイプA)の出展者と、SOWNの登壇者が選考により選ばれます。応募の締め切りは6月9日(金)だ。

また、昨年に引き続き、両企画のスペシャルスポンサーには、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(以下、SIEJA)が決定した。SIEJAは、インディーゲームコーナーにおいて、応募の中から事務局の選考により出展が決定する「タイプA」の出展料金(4日間出展=9万9,900円、一般公開日2日間出展=3万2,400円)を全額サポートする。これにより、本コーナー(タイプA)の出展料金は無料となる。なお両企画は、特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(略称:IGDA日本、理事長:高橋勝輝)の協力を得て実施される。

■「東京ゲームショウ」公式Webサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
・稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催
・「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)
・アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売
・2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表