写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の仲里依紗が11日、都内で行われたTBS系火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』(4月18日スタート、毎週火曜22:00〜)の完成披露試写会・舞台挨拶に、主演の波瑠、東出昌大、鈴木伸之と共に出席。夫役の鈴木について、「息子が将来こうなったらいいな」と母親目線で話した。

人気漫画家・いくえみ綾氏の同名コミックをもとにした同ドラマは、"2番目に好きな人”と結婚した渡辺美都(波瑠)を主人公に、2組の夫婦のマリッジライフと、四者四様に揺れる恋愛模様を描くストーリー。美都の夫・涼太役を東出昌大、もう1組の夫婦で聡明な妻・有島麗華役を仲里依紗、麗華の夫で美都の初恋相手・有島光軌役を鈴木伸之が演じる。

仲は「プライベートが毎日"ピンクピンクピンク"みたいな日常を送っている私に、この主婦ですかって驚きがあってすごい新鮮」と自身と役とのギャップに驚いたそうで、その上で「今までやったことがない役だったので、うれしい一面もありました」と告白。「元気なキャラや意地悪なキャラが多かったので、しっとりしたまっすぐな女性を演じられることが、自分にとってプラスになれば」と期待した。

また、夫役の鈴木の印象を聞かれると「すごくさわやかで好青年。あいさつもシュッとするし、自分の息子が将来こうなったらいいなと」と実生活での母親の顔をのぞかせた仲。「身長も大きいですし、お顔も整ってらっしゃるので、将来有望だなと。母親のような目で見ていました」と笑った。

鈴木はやや照れながら、「(ドラマでの)夫婦の間柄も似たような感じになっているので、そこも生かせたら」とコメント。また、「仲さんがお笑いが大好きで、そういうところでコミュニケーションとりながらやっています」と明かした。