アメリカのティーンエイジャー間でのiPhone人気は、衰えるどころかさらに高まっていることが、投資会社Piper Jaffrayの調査で明らかになりました。

ティーンの76%がiPhone所有

同社が2001年より春と秋の年に2回実施し、今回が33回目となるファッションやデジタルメディア、食、ライフスタイル全般にわたる「Stock With Teens」調査は、今回は全米43州の5,500人を対象に実施されました。
 
同調査のiPhoneに関連する部分の回答データを見ると、10代のiPhone所有率は2014年春から徐々に上昇し続け、2016年春は69%、同年秋は74%、そして今回2017年春は76%となっています。
 
また「次はiPhoneを買いたい」という率も、2016年秋の79%から今回調査では81%へと上昇しています。Piper Jaffrayは、今秋発売見込みの「iPhone X(iPhone8とも)」への期待の表れと見ています。
 

Apple Watch人気も回復基調に

10代の若者のスマートウォッチへの関心も年々高まっています。Apple Watchの購入意欲については、2014年から2015年にかけて一桁台まで落ち込んだものの、2016年春には11%へと回復に転じ、今回の2017年春には13%となりました。
 
フィットネスバンドブランドのなかでは首位のFitbitに大差をあけられているとはいえ、Appleは10%で2位となっています。
 

 

 
 
Source:Piper Jaffray via MacRumors
(lunatic)