実は、今回の訪中団参加が決まった時、33年前の母校訪問があまりにも突飛な発想に思えた。写真は筆者提供。

写真拡大

実は、今回の訪中団参加が決まった時、33年前の母校訪問があまりにも突飛な発想に思えた。心の中で「絶対に私の知り合いがいるはずがない。知り合いがいない母校を訪ねて何になる?と言うか、現在の留学生担当者に会っても、当時の事は知らないはずだから、共通の話題がない。何の共通点もない人と一体どんな話をするというのか?沈黙が続いて気まずい思いをするだけなのでは?」などなど。色々な思いが頭をよぎった。唯一の解決策は、当時撮った写真を持って行き、「当時の交通大学はこんな風でしたよ」と私が説明すること。そうすれば、きっとその担当者は喜んでくれるに違いない。私は藁にもすがる思いで、当時撮った写真をいくつか選び、アルバムに入れて持って行くことにした。

【その他の写真】

北京から上海への移動は高鉄(高速鉄道、日本で言えば新幹線)。上海の高鉄駅・虹橋駅に着いた。後は各自で母校に行く。私以外のほとんどの人は、2人組で母校に移動。交通大学留学生は私1人なので、1人で地下鉄に乗って交通大学駅へ。駅に着くと、中国版地図ナビの案内でほどなく大学正門に到着。中に入った。大きな木が沢山茂る、まるで公園のような感じだった。

さて、ここからが問題だ。留学生弁公室は一体どこにあるのだろう?場所を聞こうと思ったが、ちょうど授業中なのか学生の姿があまり見えない。仕方なく、図書館と書かれた建物(写真1右下参照)に入り、何人かの職員に聞いてみた。ところが、職員たちもあまり分からないらしく、担当者に電話してみろと言う。私が「携帯が無い」と言うと、そこの電話を使ってもいいからと言ってくれた。呉さんに繋がると、どうやら、弁公室はそこから遠いらしく、説明を聞いてもなかなか分からない。呉さんは「近くに来たらまた電話して」と言うが、携帯がないのでどうしようもない。

結局、「先ず、食堂を探し、次に大礼堂を探し、その後に大礼堂の横にある教一楼を探してください。弁公室は教一楼の103号室です」とのことだった。こうして、またあちこちで道や建物を聞きながらやっと呉さんの居場所にたどり着いた。北京から直接来たので、北京用のダウンコートを羽織っていた私は、着いた頃には汗びっしょりだった。

呉さんはなかなか感じの良い女性で、私を歓迎してくれ、顧さんの話をした。そして顧さんを呼びに行ってくれた。果たして、あの顧さんなんだろうか?私がドキドキして待っていると、見覚えのある小柄な男性が入って来た。少し猫背気味で、眼鏡をかけている。当時のままだ。違うのは、ほんの少し中年太りしたところかな。でも、あの時の気さくで親切そうな様子は全然変わっておらず、思わず33年の時間が止まってしまったかのような錯覚を覚えた。

私が持ってきたアルバムを見せると、いちいちウンウンと頷いてくれた。その中の1枚で当時大学が撮ってくれた白黒の集合写真(写真1左参照)を見せると、彼は自分も持っていると言う。しかもちょうど3日前にその写真を見たそうだ。「えっ、どうして?」と尋ねると、「ちょうど部屋の整理をしていたから」ということらしい。偶然とはいえすごい。私が顧さんに「33年間もずーと交通大学にいたのですか?どうして?」と尋ねると、「貴方たちが留学した当時は留学生が少なかったが、今や6000人もの留学生がいる。彼らのお世話をするのに留学生担当経験者が必要とされ、今に至っている」とのこと。そして、2016年は交通大学120周年にあたり、それに合わせて校内のいくつかの建物も新築したそうだ。

「新築」という言葉を聞くと私は急にそわそわしだした。以前泊まっていた宿舎や教室が、新築に伴い全部壊されてしまったのではないかと心配になったのだ。すると、顧さんは「壊されたものも多いが、残っているものもある」と言う。私が「是非見たい」と言うと、彼が案内してくれることになった。しかも、ちょうどその時そばにいたPCメンテナンス技師も同伴して、私たちの写真を撮ってくれると言う。

アルバムを片手に、新旧の建物が入り混じった緑あふれるキャンパスを、顧さんと私は時間をかけて回った。回ったところは、宿舎(写真4参照)、当時舞剣の発表をした体育館(写真3参照)、集合写真を撮った図書館(写真1参照)、かつて毛沢東像があった記念搭(写真2参照)、“飲水思源”の碑、留学生招聘所所長の執務室などなど。そこを巡りながら、顧さんは色々な話をしてくれた。

かつて私と一緒に留学した男性は、最近、上海駐在となり顧さんを訪ねて来た。二人で上海蟹を食べて談笑したが、しばらくして彼は天津に転勤になってしまった。交通大学は天津大学に次いで2番目に歴史のある大学だそう。1991年に天皇皇后両陛下が訪中した際、交通大学にも立ち寄られた。そしてその時撮った天皇陛下の写真を、微信(中国のSNS)で私に送ってくれた。

また、彼は今まで何度も日本に来たそうだ。「どこに行かれましたか?」と聞くと、北海道、東京、大阪、京都、佐賀の有田だそう。有田にまで来るとはなかなかすごい!しかも、また近々大阪に行く予定があるという。私は「今度来る前に必ず連絡してください」と言った。積もる話は尽きないが、そろそろお別れの時間。彼は私を地下鉄の駅まで送ってくれ、「今夜は一緒に貴女と食事をしたかったけれど、旧知の日本人との先約があり、どうしても抜けられない」と残念がっていた。そんなことは構わない。后会有期(またいつか会えるの)だから。私は最後に顧さんと固く手を握り合って別れた。出所:「孔子学院」日本語刊。

■著者プロフィール:小林 晶子
外国語大学で中国語を専攻。結婚後、夫の転勤で台湾へ。その地で出産を経験。その時受けたカルチャーショックが原動力となり執筆を開始。その後、中国大連へ転勤。合計7年過ごす。3年前よりガイド資格を取り、日本を訪れる中国人・香港人・台湾人・華僑のガイドとなる。