写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは11日、IEEE802.11ac対応の無線LANルータ「WRC-1167GHBK2-S」を発表した。4月下旬に発売する。価格は8,305円(税込)。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する無線LANルータ。5GHz帯と2.4GHz帯で独立した2×2高感度アンテナを内蔵し、通信速度は5GHz帯で867Mbps(理論値)、2.4GHz帯で300Mbps(理論値)と高速。複数の端末のデータを同時に送信できる「MU-MIMO機能」を搭載しており、端末が「MU-MIMO機能」に対応していれば最大2台同時の通信が可能となっている。

5人家族での使用を想定しており、5人全員がスマートフォンやゲームなどの端末を同時に使用していても、デュアルコアCPUにより5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信を処理し、快適な通信環境を提供するという。iPhone 7などとの通信を安定させる「ビームフォーミングZ」機能も搭載。動作モードは、ルーターモード、アクセスポイントモード、子機モード、中継器モードを用意。無線LAN簡易設定は「WPS」に対応する。

ルータの導入がWebブラウザ上から行える「かんたんセットアップ2」に対応し、ゲーム機やスマートフォンのネット接続時間を制限する「こどもネットタイマー2」機能も搭載。別売りのオプションライセンスを購入すれば、有害なサイトから子どもを保護する「Webサイトフィルター機能」も利用できる。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×4基、WAN×1基。セキュリティはWPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)、WEP(128bit / 64bit)に対応。本体サイズはW130×D26×H182.5mm、重量は約230g。対応OSはWindows Vista(SP1) / 7(SP1) / 8.1 / 10、OS X 10.7以降、Android4.0以降、iOS 7.0以降。

(リアクション)