シン・ハギュン、映画撮影中に骨折…事務所がコメント「昨日手術を終えた」

写真拡大

映画撮影中に負傷した俳優シン・ハギュンが手術を終えて経過を見守っている。

シン・ハギュンの所属事務所HODU&Uエンターテインメントの関係者は11日午前、OSENとの取材で「シン・ハギュンさんが映画『風風風』の撮影中に脚を骨折し、全治4週間と診断された。昨日(10日) 手術を終えて安静にしている。数日間安静にしていて、経過を見守った後、撮影に入ることになりそうだ」と伝えた。

「風風風」(監督:イ・ビョンホン) は、済州島(チェジュド) を背景に逸脱を夢見る4人の男女の愛を描くラブコメディで、俳優イ・ソンミン、シン・ハギュン、ソン・ジヒョ、イ・エルが男女主人公を務めている。

3月13日にクランクインし、現在撮影を行っている。