浅田真央(写真:gettyimages)

写真拡大

11日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、フィギュアスケート浅田真央の引退を、元フィギュアスケート選手・小塚崇彦が、事前に知っていたことを明かした。

番組では、真央が10日、自身のブログで現役引退を表明した件を話題にした。司会の坂上忍が小塚に「事前に知っていたんですか?」と尋ねると、真央と親交の深い小塚は「はい。プライベートなときに話をしてもらった。直接」と返答したのだ。

続けて小塚は、真央の心境についても言及し「一大決心だと思う。そこを決めきったのはうちらにとっても安心感がある」などと感想をもらしていた。これに坂上が「それだけ現役生活が大変ってことですよね」とまとめると、スタジオには出演者の頷く声が響いていた。

小塚は2010年にバンクーバー五輪で8位、2011年には世界選手権2位の成績を収め、昨年3月に現役を引退している。

【関連記事】
フィギュア元世界王者の高橋大輔 トイレでご飯を食べていた過去
村主章枝 孤立した自身に唯一フレンドリーに接してくれる後輩を明かす
明石家さんま 村主章枝氏の酒癖の悪さを暴露「何回も歌って、何回も泣く」