写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女子フィギュアスケート・浅田真央選手(26)の現役引退発表が、11日午前中の報道・情報番組のニュースで最も取り上げられたことが、テレビ番組の調査会社エム・データの発表で明らかになった。合計時間は7時間9分9秒。2位は米国が過去最多の軍艦を朝鮮半島近海に展開したニュースで2時間22分55秒だった。

浅田は10日22時51分に「ご報告致します。」と題した記事をブログに投稿。「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と現役引退を表明し、周囲の支えに感謝しながら、「私のフィギュアスケート人生に悔いはありません」「これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています」と第2の人生に向けての抱負をつづった。

発表直後の23時から放送されている日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』は、ラルフ鈴木アナウンサーが冒頭で「まずは速報です」「ついさきほど浅田真央さんが、自身のブログで現役を引退することを発表しました。ついさきほど10分前に更新されたブログ、ここで紹介いたします」と説明。ブログの内容を繰り返し読み上げ、放送から約25分経過したタイミングでは活躍の軌跡をまとめたVTRが流れ、これまでを振り返った。

エム・データが発表している「今朝のランキング」はNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放送開始から午前10時までに放送された報道・情報番組の露出量をカテゴリー別に集計(NHK『おはよう日本』、日本テレビ『Oha!4』『ZIP!』『スッキリ!!』、TBS『はやドキ!』『あさチャン!』『白熱ライブビビット』、フジテレビ『めざましテレビアクア』『めざましテレビ』『とくダネ!』、テレビ朝日『グッド!モーニング』『羽鳥慎一モーニングショー』、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』)。