GK林彰洋、いいぞ!札幌戦でやった「好セーブ4連発」を見たか

写真拡大

札幌ドームで行われたJ1第6節の北海道コンサドーレ札幌対FC東京戦。

試合は都倉賢とジュリーニョの2トップにそれぞれゴールが生まれ、ホームの札幌が2-1と勝利した。

対するFC東京としては東慶悟のゴールで先制にこそ成功するも、その後は札幌に10本の枠内シュートを許すなど多くのチャンスを作られた。

しかし、こうした状況に対して8本のセーブをマークし、チームのピンチを再三救ったのがGK林彰洋だった。

・26分

・29分

・48分

・70分

狙いすましたシュートを次々にセーブ!

なかでも29分、福森晃斗のクロスに都倉が合わせた場面はスピード、コースともに素晴らしく、林特有の手足の長さが活きたセーブと言えそうだ。

このセーブは『DAZN』が選定する「J1週間ベストセーブ集」でも2位に入っている。

FC東京は次節、ホームで浦和レッズと対戦予定。この試合では『NHK BS1』のサブチャンネルで「GK専用チャンネル」が開設され、両GKの動きが90分にわたってキャッチアップされることになっている。