画像

写真拡大 (全2枚)

 シャノンが提供するMA「SHANON MARKETING PLATFORM」が、経産省によるIT導入補助金の対象サービスに認定された。この制度を活用して同サービスを導入した事業者は、国から最大100万円の補助を受けることができる。

 シャノンが提供するマーケティングオートメーション(以下、MA)「SHANON MARKETING PLATFORM(以下、SMP)」が、経済産業省による「サービス等生産向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)」の対象サービスに認定された。この制度を活用してSMPを導入した事業者は、国から最大100万円の補助を受けることができる。

 補助対象期間に本制度を活用してシャノンのMAを導入したクライアントは、1事業者につき導入費用の3分の2が経済産業省から補助される。補助金の上限額は100万円、下限額は20万円となっている。

 IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等がソフトウェアやサービスなどのITツールを導入する経費の一部を国が補助することで、導入する事業者の生産性の向上を図るための制度。補助金を受けるには、経産省が事務局として選定する「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」が定める規定・条件を満たす必要がある。交付申請期間は2017年3月中旬〜6月30日の予定。

MarkeZine編集部[著]