▽NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は11日、ブラインドサッカー日本代表の強化指定選手を発表した。かつて横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス、栃木SC、FC東京でプレーし、昨シーズン限りで現役を引退したGK榎本達也が選ばれている。

▽ブラインドサッカー日本代表は、今年12月にマレーシアのクアラルンプールで開催される「IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2017」に向けて強化をスタート。榎本の他に、AvanzareつくばのFP森田翼を加えている。

●ブラインドサッカー日本代表強化指定選手(16名/FP:12名、GK:4名)

GK

佐藤大介(たまハッサーズ)

神山昌士(GLAUBEN FREUND TOKYO)

菅谷竜太(たまハッサーズ)

榎本達也(FC東京アカデミーコーチ)※

FP

田中章仁(たまハッサーズ)

黒田智成(たまハッサーズ)

川村怜(Avanzareつくば)

日向賢(たまハッサーズ)

加藤健人(埼玉T.Wings)

落合啓士(buen cambio yokohama)

寺西一(松戸・乃木坂ユナイテッド)

佐々木ロベルト泉(Avanzareつくば)

佐々木康裕(松戸・乃木坂ユナイテッド)

山川聖立(Avanzareつくば)

戸谷隆之介(ナマーラ北海道)

森田翼(Avanzareつくば)※

※新たに強化指定選手に選出