4月30日に富士スピードウェイで開催されます、試乗最大のクルママツリ「モーターファンフェスタ2017in富士スピードウェイ」。国内外総計100台(予定)のクルマを運転もしくは同乗できるイベントです。

その試乗会に、フォルクスワーゲンが出展する車両は今注目されているPHEV(プラグインハイブリッド)のゴルフ&パサートGTEシリーズとゴルフベースのチューニングカーであるゴルフGTI チューンドバイCOXとゴルフGTI チューンドバイOettinger(エッティンガー)となりました。

PHEVシリーズのGTEはゴルフとパサートセダンそしてステーションワゴンのパサートヴァリアントの計2車種3モデルが国内で販売されています。GTEシリーズに搭載される1.4L直4TSIガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、輸入車で唯一のEV走行距離が50km(JC08モード)を超える高いパフォーマンスを発揮します。

また、GTEシリーズは電気だけで走行するEモード。運転スタイルに応じて効率的にパワーソースを選択するハイブリッドモード。そしてGTの名前に恥じないエンジン+モーターでパワフルな加速を味わえるGTEモードと3つの走行モードを選ぶこともできるのが特徴です。

ゴルフGTIはパワフルな2L直4TSIガソリンエンジンと素早いシフトチェンジが可能な6速DSGが生み出すホットな走りで人気のスポーツモデルです。

今回出展されるゴルフGTI チューンドバイCOXは日本を代表するVWの名門チューナーとして有名なCOXがゴルフ7の足回りにファインチューンを施したモデルです。また、ゴルフGTI チューンドバイエッティンガーは往年のドイツの名門チューナーであるエッティンガー社がVW本社と共同開発した専用エアロパーツを装着したスポーティかつスタイリッシュなメーカー純正のロードゴーイングカーです。

今回紹介したVWをはじめ、多くのクルマが出展されるモーターファンフェスタ2017in富士スピードウェイ。駐車場代は当日3000円(前売り2500円)が必要ですが、入場料は無料です。

詳しくはhttp://motorfanfesta.com/をご覧下さい。

(萩原文博)

【モーターファンフェスタin富士スピードウェイ】ノーマルだけじゃない!ゴルフのチューニングカー、PHEVのGTEシリーズに試乗できるVWブース(http://clicccar.com/2017/04/11/462308/)