スズキ、コンパクトで扱いやすい200ccスクーター「バーグマン200」のカラーを変更して、4月17日より発売

写真拡大

スズキ株式会社は、軽量・コンパクトで扱いやすい200cc スクーター「バーグマン200」のカラーリングを変更して4月17日より発売する。

「バーグマン200」は、 大型スクーター「スカイウェイブ(輸出名:バーグマン)」シリーズに共通する独立2灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した、上品でスポーティなデザインをもつ、軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、 力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力13kWの200cc 水冷4サイクル単気筒エンジンを搭載したスクーターだ。

走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計や、燃費の良い走行状況の目安となる エコ・ドライブ・インジケーターを装備した、視認性の高い多機能メーターの採用や、フルフェイス・ヘルメットが2個入る大容量41Lの大容量のシート下収納、 12Vのアクセサリーソケットを備えた フロントボックス、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、通勤・通学からプライベートまで、様々な用途での使い勝手の良さを高め、快適性と機能性を追求したモデルとななっている。

■バーグマン 200
○カラー:マットチタニウムシルバーメタリック(YMC)、マットフィブロイングレーメタリック(PGZ)、 ブリリアントホワイト(YUH)
○メーカー希望小売価格(消費税8%込):523,800円
○発売日:2017年4月17日

【ギャラリー】SUZUKI 2017 BURGMAN 2006


■スズキ 公式サイト