女優のブレイク・ライヴリーが、分娩中に夫で俳優のライアン・レイノルズが流した曲を明かした。

ブレイクはライアンとの間に2014年12月に長女ジェームズちゃんを、昨年9月に次女イネスちゃんを出産。そんなブレイクはファッションデザイナーのマイケル・コースと「事実か作り話か」というゲームを行い、その動画がYou Tubeに公開された。ブレイクは「夫は私が分娩中に『Let’s Get It On』を流したわ」と話し、マイケルが「僕のお気に入りの曲だよ。だから、事実かな」と答えると、「そうよ。私のドクターはものすごく笑っていたから、彼女が私たちの赤ちゃんを落としちゃうと思ったの」と語っている。「Let’s Get It On」はマーヴィン・ゲイさんのヒット曲で、「Let’s Get It On」は「セックスをしよう/愛し合おう」という意味でもある。

ブレイクはほかにもファーストキスは映画の撮影で16歳の時だったと明かしている。

おしどり夫婦のブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズ (c)Imagecollect.