菅田将暉の衝撃の「靴なめ」シーン
 - (C) 2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (C) 古屋兎丸/集英社

写真拡大

 古屋兎丸の人気漫画を旬の若手俳優陣を迎えて実写映画化する『帝一の國』(4月29日公開)で、菅田将暉演じる主人公のエリート男子高生・赤場帝一が先輩の靴をなめようとする禁断のワンシーンのほか、菅田の美少年ぶりが際立つシーンの数々が公開となった。

 本作は、生徒会長の座に就いた人物には将来の入閣が約束される架空の名門校を舞台に、生徒会長の座を手に入れようとするエリート男子高生たちのバトルを描いた学園コメディー。生徒会長になるまでの道は険しく、そのためにはまず自分が応援する次期生徒会長候補を当選させなければならない。その人物が生徒会長になれば、彼が赤場をその次の生徒会長候補としてバックアップするという仕組みになっている。

 今回公開された写真は帝一の妄想シーンで、帝一が応援する次期生徒会長候補・氷室ローランド(間宮祥太朗)の犬となり靴をなめるというもの。首輪をかけられた帝一が恍惚とした表情で氷室にひざまずき、彼の靴に手をかけているというショッキングなシーンだ。「僕は、靴を舐めて、勝つ」をモットーに、手段を問わず、自分が生徒会長になるためなら犬にだってなるという帝一の異常なまでの意志の強さを象徴している。

 さらにプロ並みに優雅にピアノを弾くシーン、生徒会長候補が自分の力をアピールする場となる文化祭・海帝祭でのはっぴ姿のほか、真剣な面持ちで永井聡監督から演出を受けるメイキングカットも。かつて一票差でライバルの生徒会長候補に負けた父親の譲介(吉田鋼太郎)の無念をはらすという重責を背負い、「自分の国を作る」という野望をかなえるべく邁進するも、予期せぬしがらみに翻弄されていく帝一を時にコミカルに、時に切なく演じた菅田。実写化するにはあまりに感情のふり幅が激しい漫画キャラに、見事命を吹き込んだ菅田の演技力がスパークした快作となっている。(編集部・石井百合子)