紙パック式掃除機「Be-K」シリーズの新製品3機種

写真拡大

 三菱電機は、紙パック式コンパクト掃除機「Be-K(ビケイ)シリーズ」の新製品として、「TC-GXG8P」「TC-GXG7P」と、毛がらみ除去機能付きパワーブラシを搭載した「TC-GXG10P」の3機種を5月21日に発売する。価格はいずれもオープン。

 GXGシリーズは、軽量モーターや本体下ケースへのカーボン樹脂の採用、コードリールなどの見直しなどによって、従来機種「TC-FXFシリーズ」に比べ、約400g軽量化した。重さは、「TC-GXG8P」「TC-GXG7P」は2.1kg、「TC-GXG10P」は3.4kg。本体に加え、アタッチメントの軽量化も図り、持ち運びや階段掃除、高所掃除の負担を軽減した。

 紙パックは専用レールに差し込むだけでセットでき、引き抜くだけで取り外せるので、従来の面倒な紙パックのフックへの取り付け/取り外し操作が不要となり、簡単にたまったゴミを捨てられる。

 「TC-GXG8P」と「TC-GXG10P」には「2WAY ロングノズル」が付属。加えて、「TC-GXG10P」は、ふとん掃除用の「アレルパンチふとんクリーンブラシ」が付属する。

 税別の税別価格は、自走式パワーブラシを採用した「TC-GXG8P」が3万1000円前後、パワーブラシを採用した「TC-GXG7P」が2万5000円前後、絡んだ毛を簡単に取り除ける「毛がらみ除去機能」を搭載し、ワイドなブラシで微細なゴミまでしっかり吸い取る「ワイドクリーン自走式パワーブラシ」を採用した上位機種「TC-GXG10P」が4万2000円前後の見込み。