30歳の遅咲きのグローバル女子。整形しないで等身大の自分をさらけ出す

写真拡大

ファッションウィークや雑誌などで、ここ数年いちばん目を引かれるのが、コリアンモデルのアイリーン・キム。

最近は海外メディアでも、彼女の個性あるスタイルが注目されていて、2016年にはアメリカのTIME誌で、ファッション界での注目のニューフェイスとして紹介されました

彼女のシンボルは、レインボーカラーのヘア。

いつも新鮮で、挑戦し続ける彼女の生きかたに惹かれます。

今年30歳。遅咲きのグローバル女子

アイリーン・キムはアメリカ・シアトル育ち。

中学生のときに韓国に移り住み、再び渡米。有名なニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に入学してファッションを学び、韓国へと戻りました。

英語も韓国語も流暢に話し、ふたつの国の文化を持ち、いまや仕事で世界中を飛び回る、まさに「グローバル女子」なのです。

2016年ごろから、アメリカでも大注目されている彼女ですが、今年30歳。

若いうちから活躍する人が多いモデル業界のなかで、かなり遅いブレイクと言われていますが、まさにそこが彼女のパワーなのです。

真似したくても真似できないアイリーンのファッションセンス

彼女に惹かれる理由は、とにかく人と違うファッションスタイルであること。

ファッションウィークともなると、ファッショニスタたちがこぞってハイブランドから用意された服でドレスアップしていますが、彼女のファッションはいつも人と違う。自分のスタイルがあるのです。

エッジが効いた独特のファッションは、アイリーンスタイル。真似したくても真似できない、彼女のセンスがつまったファッションなのです。

整形はしない。自分のそのままを愛する

アイリーンが拠点としている韓国といえば、美容整形がめずらしくないことで有名。

でも、アイリーンは自分のそのままの顔を愛し、SNSなどで素顔をさらけ出すことで「外見重視」の社会で生きる女子たちに、メッセージを送り続けています。

「自分のままであること。自分を愛すこと」

ファッションアイコンとして注目を集めているアイリーンですが、外見だけじゃない、彼女の等身大の姿こそが、同世代の女子からの支持を得ている理由だと、私は思うのです。

こちらも読まれています

・春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

・なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

・自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored