苦虫を噛み潰したような表情で試合後の会見に臨んでいたのは、試合に敗れたことが原因ではないだろう。その発言には、ポジティブな言葉が並んでいたからだ。つまりそれが、彼にとってのノーマルな表情なのだ。


今年から東京ヴェルディを率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督 結果に一喜一憂せず、冷静に試合を振り返っていく。朴訥(ぼくとつ)とした雰囲気ながら、その眼光には鋭さが備わる。今年60歳となるスペイン人指揮官からは、数々の経験や修羅場を潜り抜けてきた者だけが備え持つ、独特の深みが感じられた。

 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督に率いられる東京ヴェルディが、2008年以来遠ざかるJ1復帰に向けて好スタートを切った。開幕戦こそ徳島ヴォルティスに0-1と敗れたものの、第2節の大分トリニータ戦から5連勝を達成。しかもすべてが完封勝利と盤石の戦いぶりで、第6節を終えて5勝1敗と首位に立ったのだ。

 そして迎えた第7節の対戦相手は、昨季のJ1チームである湘南ベルマーレ。昇格候補の一角である難敵相手にいかなる戦いを見せるのか――。東京Vにとってこの試合は、J1昇格へ向けた試金石の一戦と言えた。

 結論から言えば、東京Vは一歩及ばず2-3で敗れ、湘南に力の差を見せつけられた格好となった。もっとも内容自体は悲観するものではなく、ロティーナ監督も「今シーズンで一番いいプレーができた試合だった」と振り返っている。

 実際に試合自体は、実に見応えのあるものだった。立ち上がりに主導権を握った東京Vが16分にFW安西幸輝のゴールで先制すると、この失点で目が覚めた湘南が反攻を開始。21分にMF菊地俊介、33分にFWジネイがゴールネットを揺らし、あっという間に逆転に成功する。勢いに乗った湘南は、後半早々にもセットプレーからふたたび菊地が決めて2点差に。これで勝負あったかに思われた。

 ところが、ここから東京Vが怒濤の反撃に出る。途中出場のFW梶川諒太が鋭いドリブルで湘南守備陣に揺さぶりをかけると、安西やFWドウグラス・ヴィエイラがあわやというシュートを放つ。終了間際には波状攻撃を仕掛け、最後はMF安在和樹が豪快なミドルを突き刺して1点差に。直後にタイムアップの笛が鳴り、湘南が逃げ切りに成功したものの、両者ともに高いインテンシティ(強度)を保ったエキサイティングな一戦だった。

 成熟度という点では、やはり湘南が上だった。者貴裁(チョウ・キジェ)監督が率いて6年目のチームは、主力の流出にあいながらも若い力の台頭をうながし、今年も「湘南スタイル」を変わらぬクオリティで実践している。攻撃性と積極性に満ちた湘南が今季の昇格候補のひとつであることは間違いないだろう。

 ひるがえって東京V。昨季18位に沈んだかつての盟主は、今季就任したスペイン人指揮官のもとで、確実に生まれ変わった姿を示した。湘南相手に互角に近い戦いを演じ、者監督も「ヴェルディさんは若い選手が多く、非常に小気味よいサッカーをしている。そこは我々も学んでいかなければいけない」と賛辞を贈ったほどだ。

 今季の東京Vの特長は、なんといっても守備にあるだろう。この試合ではミスもあり3失点を喫したものの、5試合連続完封はやはり伊達ではない。3バックの一角を務めるキャプテンのDF井林章に昨季との違いを尋ねると「組織に尽きると思います」と断言した。

 これまでの東京Vは、高い技術とポテンシャルを備えた選手が多かった一方で組織性に乏しく、個々の力に左右される部分が多かった。ところがロティーナ監督は短期間で、その足りなかった部分をチームに植えつけることに成功した。

「ひとりひとりがやることと、それに対する周りの動きを徹底して組織されているのが、今年のヴェルディだと思います」(井林)

 とりわけ守備の部分では、チャレンジ&カバーの意識を保ち、1対1の状況を作らせないことを徹底しているという。だからこそ井林は、自らのミスが招いた2失点目の場面よりも、隙を見せた1失点目を悔やんでいた。

「あの場面は1対1の状況になってしまったので、あそこは組織としてもう1回、突き詰めないといけない」

「組織」に加え、もうひとつキーワードを挙げるとすれば「リスクを冒さない」になるだろう。井林によれば、前から奪いに行くことを理想としながらも、相手や状況によっては引いて構えることも視野に入れている。

「無理に前から行くのではなく、状況に応じて引いて守るのは問題ないと言われている」と言うように、リスクを極力冒さない危機管理こそが、東京Vに守備の安定をもたらす要因となっているのだ。

 こうした臨機応変な判断は、攻撃に関しても同様だ。この日も最終ラインからしっかりつなごうという意識は見えた一方で、湘南のハイプレスを受けてボールが縦に入らないと見るや、リスクを回避してロングボールでシンプルに背後を突く戦いを選択。スペイン人監督が率いるとあって、ショートパスをベースとした「バルサ的」なスタイルをイメージしていたのだが、東京Vのサッカーは理想やこだわりを排除した「リアリズム」そのものだった。

 もっとも、守備に対する手応えを感じつつも、攻撃面はまだ発展途上にあると選手たちは自覚している。途中出場で試合の流れを変えた梶川は、今後の課題を口にする。

「本当にやりたいのは、うまくボールを保持しながら支配するサッカーです。守備はめちゃくちゃ堅いので、取ったボールをうまく回しながら支配するゲーム展開にしていきたいですけど、まだまだ完成されていない。そこは、これからだと思います」

 堅い守りに加え、その課題をクリアできれば、シーズン終盤に昇格レースの主役を演じていてもおかしくはないだろう。18歳のMF渡辺皓太ら有望なタレントが数多く存在するのも、東京Vの先行きを明るく照らす。

 果たして来季、J1の舞台で緑のユニフォームが躍動する姿は見られるのか――。その未来は、スペイン人指揮官の手腕にかかっている。

■Jリーグ 記事一覧>>