11日、日本中を驚かせたフィギュアスケートの浅田真央選手の電撃引退表明が、韓国でも大きな注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年4月11日、日本中を驚かせたフィギュアスケートの浅田真央選手の電撃引退表明が、韓国でも大きな注目を集めている。

浅田選手は10日、自身のブログに「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」などとつづり、現役引退を発表した。

5歳でスケートを始めた浅田選手は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に活躍。05年にはGPファイナルで優勝するも年齢制限のため06年のトリノ五輪には出場できなかった。10年のバンクーバー五輪ではトリプルアクセルを3度成功させたが、ライバルだった韓国のキム・ヨナ選手に及ばす銀メダルとなった。競技生活の集大成として臨んだ14年のソチ五輪では6位に終わったが、フリーで完璧な演技を見せ日本中を感動させた。

浅田選手引退のニュースは韓国でも大きな注目を集めている。メディアは「“不運のアイコン”浅田真央の悲しい別れ」「“電撃引退”の浅田、結局かなえられなかった“五輪の金”」「浅田真央、電撃引退宣言…キム・ヨナは超えられなかった」などの見出しを付け、浅田選手のフィギュアスケート人生を振り返る記事を相次いで掲載している。

ネットユーザーからは「今までお疲れさま。彼女の演技は美しかった。今後も意味ある人生を送ってほしい」「韓国の敵だったけど真央も立派な選手だった。よく頑張った」「ヨナと真央の戦いは本当に面白かった。彼女の次の挑戦も応戦したい」と浅田選手をねぎらう声や、「残念だ。平昌五輪でライバル選手を倒す姿を見たかった」「日本人選手だけどかわいくて好きだった。今諦めるのはもったいない」と引退を惜しむ声が寄せられている。

また、「不運のアイコン?ただの実力不足でしょ」「大変な選手人生だっただろう。実力が人気に追いついていなかったから」「トリプルアクセルを失敗しているイメージしかない」「彼女が活躍できたのは日本という強力なスポンサーのおかげ」などの厳しいコメントや、「キム・ヨナとの実力の差は一目瞭然だった。キム・ヨナが誇らしい」「真央はメンタルの重要性を教えてくれた。世界最強の選手はやっぱりキム・ヨナ」「キム・ヨナとのすばらしい戦いを見せてくれてありがとう。真央がいたからヨナがより偉大な選手になれた」「彼女の不運はキム・ヨナと同じ世代に生まれたこと。キム・ヨナに勝る選手はいない」などキム・ヨナ選手と比較するコメントも多くみられた。(翻訳・編集/堂本)