By salchuiwt

毎年優れたノートPCのメーカーを選出しているランキング「The Best Laptop Brands」の2017年版が発表されました。2010年から不動の首位を守り続けてきたAppleが、2017年でなんと5位まで急落するという大きな変動が起きています。

The Best Laptop Brands of 2017 - Ratings and Report Cards - Laptop Mag

http://www.laptopmag.com/articles/laptop-brand-ratings

The Best Laptop Brandsは「レビュー(35点満点)」「デザイン(15点満点)」「サポート(20点満点)」「イノベーション(10点満点)」「価格&品揃え(15点満点)」「保証(5点満点)」の6項目の総合点により、ノートPCメーカー10社をランキング形式で並べたもの。2017年はLenovoが初めて1位に輝き、昨年3位だったASUSが2位、昨年2位だったDellが3位になっています。6年連続で1位を維持し続けたAppleは、Acerと同点の5位まで滑り落ち、大番狂わせの結果になっているのがわかります。



昨年の4位から急上昇して「最高のノートPCメーカー」に選ばれたLenovoは、「バッテリー駆動時間の長さ」などが高評価につながり、評価に使われた33種類のLenovo製ノートPCのうち19種類が4つ星以上の高評価を獲得したとのこと。2-in-1タブレット「YOGA Book」は、光沢のある魅力的なデザイン、腕時計のバンドのようなヒンジ、ベゼルフリーのスクリーンなどが評価され、「2017年で最も革命的なノートPC」にも選ばれています。

ペンでノートに書き込んだ内容を即デジタル化&タッチキーボード搭載の激薄・超軽量2in1「Lenovo YOGA BOOK」レビュー - GIGAZINE



一方でAppleが急落した原因は、近年のAppleのノートPCは税別12万8800円の「MacBook」の1モデルのみで、コストパフォーマンス・バリエーションともに乏しいことや、低価格帯のMacBook Airは2年間にわたって新モデルが登場していないことが低評価の原因として挙げられています。近年では多くのノートPCが、2-in-1モデルやタッチスクリーンなどの多様化を果たしていますが、AppleはMacBook ProにTouch Barを搭載したのみで、多くのユーザーの満足を得られなかったようです。