カンニング竹山

写真拡大

10日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、カンニング竹山が、バラエティ番組でハーフタレントに対して頻繁に投げかけられるある質問を疑問視した。

番組では、大阪市が男性カップルを里親に認定したことを話題にした。この認定は全国で初めての例となる。この話題から派生して、竹山が芸能界で活動するハーフタレントを話題にする。

竹山は「バラエティ番組でもハーフの子が出てきたときに、必ず『どことどこのハーフ?』って聞く」とこの質問が慣例となっていることをあげ「俺、聞かなくてもいいと思うんですよ」と主張した。

これにコラムニストの小田嶋隆氏が同意すると、竹山は「聞くこと失礼じゃない? 日本で暮らして日本国籍なんだから」といい、そうした質問をすることに対して「最近疑問に思っています」と語っていた。

【関連記事】
カンニング竹山 ファミレスで勉強する若者に苦言「自分勝手な意見」
カンニング竹山が少女マンガに出てくるような壁ドン男子をバッサリ
カンニング竹山が「育児中の孤独」に持論「ちゃんと子育てをしているということ」