直筆の書「清」を贈ったEXILE・TAKAHIRO

 EXILEのTAKAHIROが去る4日、沖縄県豊見城市の沖縄空手会館に、自ら手掛けた「清(せい)」の書を贈った。同日には除幕式もおこなわれ、TAKAHIROと翁長雄志沖縄県知事が出席した。

 TAKAHIROは、沖縄空手道首里手松林会本部佐世保尚武館(長崎県佐世保市)で幼少期から空手を学び、初段の有段者。「人としての精神の根っこの部分を空手道に鍛え上げてもらった」と振り、「どんな形でもいいので、空手道に恩返しをしたいという想いがずっとあったので、少し恩返しができたように感じ、自分としてもすごく嬉しいです」と想いを語った。

 書道八段の腕前を持つTAKAHIROが揮毫した「清」は、「清ら手」(よみ=ちゅらでぃー)の1文字で「美しい空手」という意味。「僕のなかで空手には、清らかさや凜とした側面があると感じていて、そういう側面と、優しさと力強さの対比というものを筆に乗せ表現してみた」と書に込めた想いを語った。

 また「書は自分自身と対峙するものでもありますし、今の自分自身に問うものでもある。僕がこの書に込めた想いを忘れることなく、人としてもアーティストとしても、そして空手をやってきたひとりの人間としても、精進し続け、成長していきたいという一心です」と熱い想いも述べている。

 空手は2020年東京オリンピックの正式種目にも決定。「微力ではありますが、自分なりに空手道を盛り上げていけたら」と意気込みを見せていた。