『Leo Lock』、ドア外側からの外観。(写真:レオパレス21発表資料より)

写真拡大

 国内最大規模のスマート賃貸が誕生する。同名のアパート・マンション賃貸事業を手掛けるレオパレス21社が、スマートロックを展開するグラモ社と共にレオパレス21専用仕様のカスタマイズドスマートロック『Leo Lock』を共同開発、これを4月受注分・10月完成物件以後に順次配備していくことで、年間1万戸のスマートロック導入を行うと発表した。

 『Leo Lock』は居室のメインキーとして機能するものであるため、頑健性、信頼性、セキュリティ性などが十分に担保されているのはもちろんのことだが、それに加えて、クラウドサーバーと連携する機能を持っている。どういう通信技術を使っているのかは、「通信経路が暗号化されている」という以外の情報は公開されていないようで、どうやら企業秘密事項のようだ。

 スマートキーであるから、NFCやFeliCaを搭載したスマートフォン、ICカードなどによって開錠することが可能である。

 手動による直接施錠・開錠(テンキーによる暗証番号入力にも対応)に対応させたことで、消費電力を抑えて電池寿命を長期化(3年程度もつとのこと)するとともに、様々な規格のドアに対する取り付けが可能な構造となっている。

 さて。『Leo Lock』の最大の特徴は、とにかくスマートだ、ということである。何がスマートかというと、鍵の受け渡しという、引っ越し絡みで最も煩瑣なやりとりの一つをこれによってスマート化することができるのだ。遠距離の引っ越しをする入居者にも、暗証キーをリモートで受け渡すことができるため、不動産屋に寄って鍵を取ってくる必要がない。

 また、物件下見の際なども(あれも実に煩瑣なものであるが)、物理的なキーを用意する必要がないため、個人での内見が可能になるという。

 それで、この鍵の設置と導入にどれくらいの費用がかかるのかという問題であるが、これが実は、鍵の交換などのコストが削減されるため、かえってレオパレス21全体にとって年間5億円ほどの低コスト化が見込めるとのことである。