真夏よりも5月の紫外線のほうが要注意?春のシミ・シワ・たるみ対策

写真拡大

 真夏だけでなく、一年中紫外線対策をするというのは、もはや大人女子の常識ですが、1年でもっとも紫外線量が多いのは5月ともいわれています。

 実は紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、それぞれ肌に及ぼすダメージも微妙に違うんです。

 UVAは、一年中を通して降り注ぐ紫外線。肌の奥深くまで届き、シワ、シミ、たるみの原因に。UVBは、主に夏の紫外線。肌の表面をやけどのように赤くなってしまうものです。

 しかもUVAは年間を通じて一定量ありますが、4月ごろから増え始め、8月ぐらいまでが最も多い時期。したがって4月5月くらいからUV対策をしっかりしておかないと、肌年齢もどんどん老けてしまいます。

 また、日焼け止めクリームはもちろん、帽子やサングラス、日傘など、できるだけ直射日光を避けるように。意外と油断しがちなのが、車の運転中。紫外線はガラスを通るので、近所に買い物へ行くだけでも要注意です。

 日頃運転する時間の多い人は、フロントガラスにUVカットフィルムを貼るのもおすすめ。シミやシワ、10年後に後悔しないためにも、紫外線対策は忘れずにしたいですね!