アラダイス、アーセナル戦での完勝は「ディフェンスの弱点を突いた」

写真拡大

▽クリスタル・パレスのサム・アラダイス監督が、10日に行われたプレミアリーグ第32節のアーセナル戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ホームにアーセナルを迎えたクリスタル・パレスは、17分にタウンゼントのゴールで先制。そのまま試合を折り返すと、63分にはキャバイエ、68分にはミリボイェビッチがPKのチャンスをものにして3-0と快勝した。

▽試合後のインタビューに応じたアラダイス監督は、快勝の理由としてアーセナルの守備陣の弱点を突けたことがあると主張している。

「ムスタフィとガブリエル引き出すことを狙った。彼らの弱点をうまくつけたと思う。モンレアルとベジェリンはウイングのようなプレーをする。だからセンターバックは難しい対応をしなければいけない。我々側で言えば、そのサイドを使ってボックス内に入ることが可能で、そこから多くのチャンスを作れたと思う」

「今日はもっと多くのゴールを奪うチャンスを作れていた。我々の勝利は偶然ではない。しっかりとした狙いがあり、それが成功したためだと選手も理解している」