講師は現役GTドライバーなど超豪華

今年もNISMO、TRD、MUGEN、STIの4大メーカーワークスが主催し、初心者から中級者向けの走行会を実施。永遠のサーキット初心者であるマリオ高野も昨年参加し、その中身の濃さに感動したので、その魅力を報告しよう。

まずスゴイのが、超豪華な講師陣! 初心者向けのクラスの場合は最初にサーキットの走り方の基本からレクチャーを受けるのだが、講師は、NISMOの松田次生選手やSUBARUの山内英輝選手など、今をときめくスーパ-GTで活躍するレーシングドライバーたちだ!

フラッグの意味や最低限のマナーといった極めて初歩的なことから、タイムを詰めるコツまで幅広く教えてもらえる。もっともお手軽な「エンジョイクラス」では、数千円の参加費でサーキットが20分×2本も走れて、しかもトップドライバーからの生レクチャーを受けられるのは激烈にお得だと感激した。

一般的な走行会は速い人もそうでない人も混在して走ることが多く、初心者も上級者も、お互いがそれなりに気を遣わされるもの。特に初心者は「動くシケインとなって周囲の邪魔になるのは辛い」という遠慮が先行してサーキット走行会への参加に腰が引けるという人が多いと思う。

しかし、ワークスチューンサーキットディは基本的に中級者以下のレベルを対象としており、しかも4つのレベルにクラス分けされるので、だいたい自分と同レベルの人と一緒に走る状況だ。排気量やタイヤなど、マシンのパフォーマンスも近いレベルが集まるので、そういう余計な精神的なプレッシャーから解放されるのは大きい。

プリウスや軽自動車などスポーツモデルじゃなくてもウェルカム

サーキット走行に参加するからには、それなりのクルマが必要だと思われがち。「スポーツカーでもない実用車での参加は恥ずかしい」という遠慮からもサーキット走行回に踏み出せない人は多いと思うが、不肖マリオ高野は、自分の愛車以外ではレンタカーか教習車しか見たことがない先代インプレッサG4の1.6i(5MT)で参加したが、予想以上に愛車が頼もしく思えて十分に良い汗がかけた。

基本的にはやはりスポーツカー系が多いものの、プリウスや軽自動車など、参加車はバラエティに富んでいる。

また、基本的に速度域の高くないコースが選ばれるので、ロールゲージや4点式ベルトなどの装備がなくてもOK(もちろんある方がベター)なのもありがたい。気になるタイヤも意外と減らなかった。年式が古めのモデルでも無茶をしなければ壊すリスクは低い。とにかく、参加の裾野が広いのだ。

さらに、ニスモやSTI、TRDや無限といったワークスブランドの最新デモカーの走りを見たり体験できたりするのも大きな魅力。レーシングドライバーとの同乗試乗は抽選なので参加者の数が多いと当選率は下がるが、見学者にも抽選枠があるなど、憧れのマシンと憧れのドライバーの走りが味わえる可能性は結構高い。

また、イベントの最後には各ブランド対抗の模擬レースが開催され、各ワークスにマシンがバトルする貴重な光景も楽しめるのだ。

イベント中は、時間や都合の許す限りレーシングドライバーや、ワークスの開発エンジニアと直接的な対話ができるのも極めて貴重。憧れの人にチューニングやドラテクに関する質問をしたり、自分の愛車をチェックしてもらえるのは夢のようなひとときだ。もちろん一緒に写真を撮ることもOK。ワークスブランドとユーザーが物理的にも精神的にも、ここまで近い距離で対話できる機会はなかなかない。

どノーマルでの参加もOKとはいえ、やはり参加者の多くは様々なチューニングを施しているので、パドックはユーザー同士の意見交換の場としても盛り上がる。気になるパーツを付けている人に装着後のパーツの感想などを聞いてみるのも面白い。

長年にわたってサーキット走行参加への願望を抱きながらも、なかなか実行できなかった人はゼヒ参加してほしい! 詳しくは運営会社の「プロクルーズ」のウェブサイトをチェックしよう!

【詳しくはこちら】

http://www.procrews.co.jp/workstuning/