今回は、男心をもとに、男子が女子を好きになる瞬間について見ていきます。さっそくご紹介しましょう!

1.女子の「かっこつけてないところ」を見た瞬間



「好きになってもらいたい」と思えば、人って誰でもその人の前で、いいところを見て欲しくてかっこつけたがるでしょう。だから合コンなどで、好きになってもらいたい男子がいたら、「余計なことは言わない」とか「いつもの3倍くらい女らしく振る舞う」女子が出てきます。

それはそれでいいことだろうと思います。好きな人を前に、声のトーンが上がらないほうが、どうにかしているといえば、どうにかしています。しかし、そうやって自分のいいところばかりを彼に見せていたら、会話が表面的になってつまらないし、肩が凝ってきますよね? 彼もきっと同じです。

ということは、飾らない、かっこつけないあなたを見せると、彼はあなたの心のなかに一歩踏み込みやすく、好きになりやすいということです。

この方法のコツは?
これは非常にむずかしい問題です。かっこつけない自分を表に出そうと思えば、自分の心の闇を見つめる必要がどうしても出てくるからです。

むずかしい問題ですが、今すぐできることを言うなら、あまり他人に見られたくない過去とか、コンプレックスを、出せるところから表に出してみるといかもしれません。

過去の失敗談とかコンプレックスとか……そういうのを、言える範囲でいいので言ってみるといいかもしれません。表に出せば、コンプレックスはコンプレックスでなくなることもよくある話です。

2.女子の「平和な雰囲気」に触れた瞬間



一般的に、女子は男子より闘争心が少なく、平和な性格です。女子もよく知っているとおり、男子は常に同性どうしで競争している感じがありますよね? 学校のお勉強、受験、どこの大学に入ったのか? 新卒で誰がいいお給料をもらっているのか? 誰が真っ先にいい車を買ったのか? などなど、常に(なぜか)誰かと競争しています。

だから男子は、むやみに競争することなく、平和に暮らしているっぽく見える女子を見たら、ついホッとして好きになることがあります。

この方法のコツは?
おそらく女子は、子どもを産む性だから、あるていど平和な性格をもって生まれてきたのかもしれません。子どもを抱えて、女どうしでケンカしなくて済むように、神様が女子に平和な性格をもたせてくれたのでしょう。

男勝りな性格の女子もいるでしょうし、どこからどう見ても平和そのものという女子もいるでしょう。どういう女子であっても、自分の中の平和な性格が表に出れば、男子に好かれるように思います。

3.「女子とつるんでいない」女子を見た瞬間



男子て、基本孤独です。だから、いつの時代も「大勢でワイワイ騒ぎながら団体行動しているおばちゃん」のことを、男はあまりよく思っていません。おばちゃんがひとりでいると、悪く思わないのです。団体でいるから、「ヤダなあ」と思うわけです。

理由は男子の基本は孤独だから、団体でいられると「理解不能」になるのです。若い女子の中にも、常に女子と一緒にいる人がいると思います。ときにはひとりで行動したほうが、男子に好かれやすいと思います。

この方法のコツは?
孤独であるとか、ひとりで行動する、というのは、ときに苦痛を伴います。でも、誰しもゆくゆくはひとりになります。女子は、出産してから、子どもが公園デビューするまでが、かなり孤独だと言われているようです。基本的には、子どもを置いてどこにも出かけられないからです。

だから今のうちから、ひとりで行動することに慣れておくといいかもしれません。ひとりで行動していたら、そういう女子が偶然目にとまって、好きになる男子って、一定数います。

たとえばカウンターバーに女子3人で行くより、ひとりで行ったほうがモテるということです。

いかがでしょうか。
究極の「好きになってもらう方法」って、誠実であること、ではないかと思います。何気なくテレビを観ていても、誠実そうな感じの芸能人って、どことなく心惹かれたりしませんか? 好きな映画とか、好きな音楽だって、おそらく、あなたにとって誠実さが感じられるものではないかと思います。

モテテクを駆使して、あざとくモテようとするのも、すごく女子らしいことだろうと思いますが、モテテクが思ったような効果を発揮してくれない場合、誠実さについて考えてみるとモテるかもしれません。
(ひとみしょう)