写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●NECPCと富士通が「世界最軽量」を争う
軽量ノートPCが注目を集めている。

世界最薄最軽量をうたったレノボ・ジャパンのYOGABOOKが、2016年10月の発売以来、長い間品薄が続くほどの人気を誇ったほか、アップルもMacBookで薄型、軽量を追求するなど、軽量ノートPCの動きが賑やかになってきた。2017年に入ってからも、13.3型の世界最軽量ノートPCの座を巡って、NECパーソナルコンピュータと富士通クライアントコンピューティングが熾烈な争いを繰り広げるといった動きが見られている。

こうした動きを象徴するように、量販店においても、軽量ノートPCの販売が上向きつつある。

全国量販店などのPOSデータを集計するBCNによると、ディスプレイサイズを問わず、本体重量が1.1kg未満のノートPCを「軽量ノートPC」と位置づけた場合、2016年3月には10.0%だった軽量ノートPCの構成比は、2017年3月には11.7%と、2割ほど構成比が上昇している。こうした動きを捉えて、量販店でも軽量ノートPCの展示に力を注いでいるところだ。

○「世界最軽量」をめぐる、数gの熾烈な争い

とくに、昨今の話題として注目を集めているのが、NECパーソナルコンピュータの第4世代軽量モバイルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」と、富士通クライアントコンピューティングの「LIFEBOOK UH75/B1」による13.3型ノートPCの世界最軽量を巡る争いだ。

富士通クライアントコンピューティングは、2017年1月17日に、2017年春モデルの目玉として、777gの軽量13.3型ノートPC「LIFEBOOK UH75/B1」を発表。NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」の従来モデルである779gを下回ってみせたが、同日、NECパーソナルコンピュータ側は従来モデルをさらに軽量化したモデルを投入することを明記したリリースを出し、この動きに対抗。2月7日には、LAVIE Hybrid ZEROの新製品を正式に発表して、重量が769gであることを公表。再び、世界最軽量の地位を奪還した。

だが、今度は、富士通クライアントコンピュータが、2月22日に、島根県出雲市の島根富士通で開催した会見において、「777gは個体差などを含めて、確実に達成できる数値であることと、語呂の良さから発表したもの」とし、「島根富士通において生産した約300台の平均値では761gになる」とコメント。個体差があるために、すべてが761g、あるいはその数値を切るわけではないが、平均値として新たな数値を発表し、再び、世界最軽量の座を奪ってみせた。

もちろん、数gの差は、実際には持ってみて判断できるほどの差はないが、数gの差で鎬(しのぎ)を削るあたりに、両社の軽量化に対するこだわりがぶつりかりあったともいえる。

こうした動きもあり、今年(2017年)の春商戦は、軽量ノートPCに注目が集まっている。話題を集めたNECパーソナルコンピュータの第4世代軽量ノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」と、富士通クライアントコンピューティングの「LIFEBOOK UH75/B1」も、ベスト10圏内に入る健闘ぶりをみせていることからもそれは明らかだろう。

それではBCNの2017年3月の集計データから、重量1.1kg未満のPCシリーズの売れ筋トップ10を見てみよう。

●YOGA BOOKが1位を獲得
○ノートPC 1.1kg未満の上位10製品(2017年3月)

(BCNによる集計データ)

1位となったのは、レノボ・ジャパンのYOGA BOOKである。シェアは12.9%となり、1.1kg未満の軽量ノートPCとして、2位に2ポイント以上の差をつけてトップシェアとなった。

10.1型液晶パネルを搭載し、薄さ9.6mm、重さ690gを実現した薄型軽量の最先端モデルであり、画面が360度回転して、ブラウザ、ウォッチ、クリエイト、タイプという4つのモードで利用できる使い勝手の高い2in1 PCだ。

独自のHaloキーボードは、凹凸がなく、LEDによって浮かび上がったキーボードを利用できるほか、キーボードの表示を消すとキーボード部全体をペンタブレットとして利用できる。市場想定価格で52,800円という価格設定も人気の要因のひとつだろう。

2位となったのが、アップルのMacBook Retinaディスプレイ(12インチ)で、シェアは11.6%。12.0型液晶ディスプレイを搭載し、920gを実現した製品で、モバイル用途を中心にするマックユーザーには魅力的な製品だ。昨年(2016年)10月の価格引き下げによって、下位モデルは2万円安くなり、128,800円とさらに購入しやすくなったことも売れ行きにプラスとなっている。ノートPC全体では、Windowsに押されて1桁台のシェアを留まっているアップルだが、軽量ノートPCの領域では10%以上のシェアを獲得する健闘ぶりだ。

3位は、ASUSのASUS VivoBook(E200HA)が入り、シェアは9.8%を獲得している。11.6型液晶ディスプレイを搭載し、980gの軽量化を実現しながら、約9.5時間のバッテリ駆動時間を実現しているのも特徴だ。さらに、3万円を切る価格で購入できる手頃さも人気の要因となっている。

4位に入ったのが、注目を集めるNECパーソナルコンピュータのLAVIE Hybrid ZEROだ。こちらは、13.3型液晶ディスプレイを搭載し、779gを実現した第3世代モデルのノートPCタイプで、8.2%のシェアを獲得している。さらに、LAVIE Hybrid ZEROでは、6位に第3世代モデルとなる2in1 PCが入り、7.0%のシェアを獲得。8位には831gの第4世代モデルが入り、5.3%のシェアを獲得した。シリーズ合計では20%以上のシェアを獲得しているという人気ぶりを示した格好だ。13.3型で最軽量を追求してきた実績が高い評価を得ている。

5位に入ったのが東芝のdynabook Vである。12.5型液晶ディスプレイを搭載しながら、1099gという重量は、軽量ノートPCというにはぎりぎりの範囲だといえるが、2in1 PCとしての完成度の高さから人気を誇っている製品で、7.4%のシェアを獲得した。

7位に入ったのが、NECパーソナルコンピュータのLAVIE Note Mobileだ。キャンパスモバイルデザインPCと命名し、同社初の大学生をターゲットにしたPCと位置づけられたが、手軽に購入できるモバイルPCとして、幅広い層に人気を集めたといえる。11.6型液晶ディスプレイを搭載し、904gの重量を実現。シェアは5.6%を獲得した。

9位に入ったのが、富士通のLIFEBOOK UH75/B1だ。13.3型ノートPCとしては、761gという最軽量の座を獲得したが、この領域では"挑戦者"の立場。それでも4.8%のシェアを獲得して、見事トップ10入りを果たした。

そして、10位は、ASUSのZenBook 3が入った。12.5型液晶ディスプレイを搭載し、910gを実現した同製品は、3.3%のシェアを獲得した。デザイン性の高さも人気の要因のひとつとなっている製品だ。

ちなみに、BCNの集計では、日本マイクロソフトのSurfaceが含まれていない。ここにSurfaceが含まれれば、順位にも変化が見られたのは明らかだろう。いずれにしろ、各社からユニークな製品が出揃ってきた軽量ノートPCは、これからも注目しておくべきカテゴリであることは間違いない。

(大河原克行)