米ユナイテッド航空の機体。サンフランシスコ国際空港で(2013年7月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米ユナイテッド航空(United Airlines)の国内線で、過剰予約(オーバーブッキング)を理由に乗客1人が機内から強制的に降ろされていたことが、他の乗客が撮影した映像などから分かり、ソーシャルメディア上で同社に対する激しい非難が沸き起こっている。当局はこの措置は適正ではなかったとして、現場で対応に当たった係官1人を休職処分にした。

 問題は9日、同社と提携する8社が運航する地域路線「ユナイテッド・エクスプレス(United Express)」のイリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)発ケンタッキー(Kentucky)州ルイビル(Louisville)行きの便で起きた。

 ユナイテッド航空によると、別の便への振り替えに応じてくれる人を募ったが、その後乗客1人が降機を拒否したため、警察が呼ばれたという。

 スマートフォンで撮影され、インターネット上に投稿された映像には、シカゴ航空局の係官3人が座席に座っている中年男性ともみ合いになる様子が映っている。

 大声を上げ始めた男性は他の乗客が見守るなか、床を引きずられて降機させられた。その様子もスマートフォンで撮影されており、ある乗客は「ひどい、自分のしていることが分かっているの!」と叫んでいる。

 これを受けてソーシャルメディア上では怒りの声が巻き起こり、ツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)、グーグル(Google)で「ユナイテッド」がトレンド入りした。

 ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス(Oscar Munoz)最高経営責任者(CEO)は10日、公式ウェブサイトに掲載した声明で、事態の把握に当たっていることを明らかにした上で、男性本人と連絡を取って問題の解決に努めていると説明した。

 シカゴ航空局は10日夜に声明を出し、ユナイテッド・エクスプレス便の措置について「標準的な業務手続きに従っておらず、航空保安官が取った行動はどう考えても容認できない」と指摘。この保安官を同日から休職処分にしたと明らかにした。

 動画をツイッターに投稿した乗客は、男性は警察とのもみ合いの際に出血したようだと書き込んでいる。同じ乗客が投稿した別の動画には、男性がその後、同機内に駆け戻り、「帰宅しないといけないんだ」と繰り返す様子も捉えられている。

 米運輸省によると国内の航空会社には、過剰予約が発生した便で振り替えに応じる乗客が足りない場合、同意がない乗客に対しても補償を提供すれば振り替えを強制的に求めることが認められている。
【翻訳編集】AFPBB News