写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・TOKIOの国分太一が11日、MCを務めるTBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(毎週月〜金8:00〜9:55)で、引退を発表したフィギュアスケート女子の浅田真央について語った。

国分は「現役選手である以上、いつかは引退は来るとは思っていましたけど、まさかこのタイミングで来るとは思いませんでした」と驚きを隠せない様子。「浅田真央選手には、スケートの楽しさ、厳しさ、すべて教えてもらったような気がしますね」と話した。

そして、「浅田選手との出会いは2004年。初めて取材させてもらって、そこから本当にいろんなことを教えてもらいましたけど」と振り返り、「引退してゆっくりしてくださいという思いもありますし、まだ頑張れるんじゃないかと、複雑な思いではありますね」と率直な思いを打ち明けた。

また、漫画家の倉田真由美氏が涙を流して言葉に詰まると、国分は「浅田選手の魅力は、みんなの家族というか、妹にも見える。自分の妹が引退するような気持ちになってしまいますよね」と語った。

さらに、浅田が引退を発表したブログについて、「現役復帰して、でも難しい、自分の思い通りにいかないという…やってみたからわかったことも語ってくれているので、非常にこのブログに感動しましたね」とコメント。「取材していて思うのは、努力の天才。天才少女と言われますけど、あれだけ練習できる選手はそういないと思いますね」と称えた。