春は、新社会人や異動してきたスタッフが職場に入ってくる季節。歓迎の飲み会って、男性と急接近できる場でもあるけど、モテる・モテないの大きな分かれ道にもなってしまいますよね。
お酒の席で好印象を残すアピールテクをご紹介します♡

新人女子ばっかモテる飲み会……楽しくない!



歓迎会の主役はもちろん歓迎される人。すなわち基本的には新人さんたちのための場所です。そうはわかってはいても……かわいい新人女子を前にして職場の男子が明らかにここ一番デレてる様子を見ると、ぶっちゃけうらやましいな〜という気持ちになることってあると思います。

いつも自分をちょっと特別かわいがってくれてきた上司とか、気になってる同期が一気に取られたような感じになるのって相当ショックですよね。

でもそういう飲み会のときこそ、投げやりにならないのが大事! ちょっとした行動に気をつけると、新人さんが主役な飲み会だって、モテのチャンスにつなげることができますよ♡

改善ポイント:新人にできないモテ方法を発揮して!



絶対しないほうがいいのは、新人女子がモテてることにイラついて、男子にいつもより冷たく接してしまうこと! 男子からすれば新人さんのことがかわいく見えているときなだけに、そこと比べられて「冷たい」とか「怖い」イメージができちゃうと、とっても損です。

新人さんにちやほやしてはしゃいでいるように見える男性陣も全員がそうとは限らなくて、若い女の子に嫌われないように気を使って緊張している人だって少なくありません。気心が知れた先輩女子にしかできない優しさを発揮してあげれば、ちゃんと「いい子だなぁ」ってこっちを見てくれるチャンスになります。

肩身がせまいタバコ民に優しく!
タバコを吸うのはどの男子か知ってるのって、付き合いの長い先輩女子ならではの強みです。喫煙者の近くに灰皿がなかったらさりげなく取ってあげましょう。

それから、タバコの人って全体に迷惑がかからないよう、飲み会でよく端っこに陣取りますよね。真ん中で一生懸命盛り上がっている新人女子には、そっちまで回る余裕ってなかなかないはず! 多少の煙さえガマンして話しに行けば、逆ハーレムな時間を楽しめることも多いです。

タバコの煙って、ノドがガラガラすると嫌だなって思うときもありますよね。炭酸のドリンクにはノドについたタールを取ってくれる性質があるから、喫煙者の近くで飲むときおすすめですよ!

よく頼むお酒を知ってるのも強み
ビールで乾杯のあと、誰が何をよく頼むか、知ってたらぜひ活用を! 2杯目からよくお酒を変える人にはいいタイミングでメニューを回してあげたり、「焼酎いきますか?」みたいに声をかけたり、“わかってくれてる”感の出る気配りに活かしてみましょう。

お酒を変えるキッカケを作ってあげると、日本酒やワインに付き合う流れも自然に出てくることが多いです! 一緒のお酒をシェアする男子とは輪ができやすいから、ちょっとでも飲める人は流れに乗っちゃうのがいいと思います。

マイペースな男子にトーンを合わせる
大半のメンバーが新人さん歓迎ムードで頑張っているなか、ちょっとマイペースに飲んでるキャラの男子がいることもあると思います。シャイだったりめんどくさがりだったり、温度差が出てる原因はいろいろですが、そっちに話しに行ってモテを開拓するのもおすすめです!

要注意なのは、そのとき真ん中で盛り上がってるテンションを引きずったまま行くと、めんどくさがられてしまいます。自分たちの気分を“わかってくれてる”と男子に感じさせるには、最初からマイペースなトーンに合わせて入っていくのが大切。話題もムリにおもしろいことを振ろうとしなくても、その場で流れてる話題に混ぜてもらうぐらいのスタンスで十分です。

お互いに頑張らずに一緒にいるって、新人女子にはできない飲み方だから、マイペース男子からは自然に好感度アップが狙えますよ。


先輩女子の強みを活かしてモテる方法を持ってれば、新人さんが入ってきてもココロに余裕が持てますよね! 歓迎ムードにはしっかり乗りつつ、自分が主役のモテも叶えてみましょう。
(由井妙)